総監督からのご挨拶

我が慶應義塾體育會自転車競技部は、自転車競技の学生日本一を常に目指し、またそのことを通じて、慶應義塾の創立趣旨である「全社会の先導者」を育成・輩出することを目的としています。

当部は、次のような素養を持った塾生達が部員となって構成されています。

1. 自転車競技を愛し、勝利に対する努力を惜しまないこと。

これは当部の「入部資格」として部員規約にも明文化されているものです。自転車競技経験の有無に関わらず、このスポーツをこよなく愛し、ひたむきに取り組む人材の集まりです。


2. 自己管理能力に優れていること

自転車競技は、対戦相手や空気抵抗もさることながら、自分自身との戦いです。自らに厳しく、自ら行動し、競技も学問もトップレベルを目指していく。そうした独立自尊・文武両道のアスリート集団です。またそうした人材には周囲から支援の手が自然と伸びて来ます。


3. チームプレイヤーであること

自立したアスリートは、同時に協調性と奉仕の精神を持ったチームプレイヤーでもあります。後輩の育成や部の運営に全員が参画し、自らとチームが揃って成長していく。そのよ うな意欲と笑顔に溢れた集団です。


このようなチームの仲間に加わってくれる若き人材を、心よりお待ちしています。

また、體育會をはじめとする塾関係各位、自転車競技界関係各位、及び当部OB・OG各位には、日頃のご支援に感謝申し上げるとともに、ますますのご指導ご鞭撻のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。


慶應義塾體育會自転車競技部 総監督 宇佐美 祥

主将からのご挨拶

皆さんは「自転車競技」と聞いて何思い浮かべますか?
多くの人は、競輪やツールドフランスといった言葉を思い浮かべたかもしれません。

しかし、自転車競技には、それら以外にも個人種目・団体種目共に多種多様な競技種目が存在します。それら一つひとつによって戦術が変わってくるのは無論の事、要求される結果にも違いがある為、各々に求められる能力は大きく異なってきます。

故に選手は、自らの適性に合わせて競技種目を選択する必要があるのです。

以上の事から、私は「自転車競技」を“ありとあらゆるタイプの人間を受け入れうるスポーツ”だと考えています。
現に我々自転車競技部の部員は、日々自らの長所を更に伸ばすべく練習し、着実に結果を残しています。

我が学び舎慶應義塾は、福沢諭吉先生の教えに従い創立の時から「先ず獣身を成して後に人心を養え」という教えの元、体育を重視しています。
そんな中において、個々の身体的能力に違いがあっても取組め、スポーツを通じて新しい自分を発見したいと思っている方に「體育会自転車競技部」は最適ではないでしょうか。

興味を持たれた方はいつでも我が部の門を叩いてください。
我々と共に、充実した大学生活を送りましょう。


慶應義塾體育會自転車競技部 主将 荒川貴都

Copyright(c) 2016 KEIO bicycle racing team. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com