試合結果

全日本大学対抗選手権自転車競技大会
8月30日
タンデムスプリント予選
23″071
下ろしかたは何度も練習してきたので、特に不安はありませんでした。走る前には良いイメージを何回も思いだして臨みました。
下ろす前の1周はいつもよりもスピードが出ていたのでやや脚を使いましたが、結果としては今までのベストタイムでした。
ただ上位陣との差は大きく、少なくとも21秒台が出ていなければ勝負にはなりませんでした。始めた頃に比べれば3秒以上速くなりました。大越さんと試行錯誤し、OBの小野さん、古川さんに技術を教えて頂いて、これだけタイムを縮められたことは嬉しいです。ご指導ありがとうございました。また、フレーム単体の状態から走れるまでにする際に平野さんにお世話になりました。ありがとうございました。
技術、脚力ともにまだまだですが、タンデムで速く走る原理はわかってきました。どこを改善すれば良くなるかが明確になってきたので、来年こそは21秒台を出すために練習します。

8月31日
4kmチーム・パシュート予選
4′40″506
アップは三本ローラーで息が弾むくらいしました。
試合で団抜きを走るのは初めてではなかったのですが、平常心ではなかったです。自分が引くときにタイムが落ちていることはわかっていましたが、頑張りすぎて千切れることは避けたかったので、先輩方にタイムを整えて頂きました。30秒台に乗らなかったことは悔しいです。

ケイリン予選第1組
4着
ギア比もケイデンスも歯が立ちませんでした。トップ選手のアップを見ていると尋常じゃない速さで回していたので、まずは高回転でもポンポン跳ねないペダリングが必要だと再認識させられました。

敗者復活第2組
3着
1枠で出走しました。途中ダンシングするも全く差が開かず、横から追い抜く選手に合わせることもできませんでした。やはりハロン11秒前半が出ることは最低条件でした。

今年のインカレでは先輩方に頼ってばかりでした。来年は自らが先頭に立って引っ張っていくことが求められるので、さらに練習に励みます。
今年は出場を逃した選手も、これからの努力で来年は活躍できる場がたくさん得られると思います。チャンスが与えられたときに力が発揮できるよう貪欲に練習していきましょう。

インカレ当日に限らず、日頃の練習においてもサポート、ご指導、応援をして下さった方々ありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願いします。


最近の記事

コメント

    • うさみ
    • 2012.09.09

    SECRET: 0
    PASS:
    貴君が4分40秒のTPに最後まで付けるようになったことは、今季前半の大きな進化と思います。またタンデムについてのノウハウを再蓄積してくれたことはチームへの大きな貢献です。
    この秋は貴君がTPで1周引きをする番です。そのためにはやはり、ペダリング改善について引き続き取り組んでください。

    • 堀田
    • 2012.09.09

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます。チームの中心として引っ張っていけるように頑張ります。
    ペダリングといった個人的な改善点と合わせて、スピード不足といったチーム全体の強化ポイントを向上させるような練習に取り組みます。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 慎重に。

  2. 10/14吉田尚、コーラを飲む

  3. やっぱり自転車好きぃいえ

PAGE TOP