試合結果

6/16 全日本学生選手権個人ロード(奥木曽湖周回181km)

天候 : 晴れ

結果 : 20位(出走171人)、4時間45分01秒(+4分14秒)

レース前の1週間はひたすら疲労を抜くことに注力。その甲斐あってか前日の試走では脚がとても軽かった。体重もここ1ヶ月ほどで1kg落ちたので身体も軽い。試走では雨が降ってきたのでコース1周と最後の登坂(1本)のみ。3週間前に木祖村2daysで同コースを走っているので特に不安は無かった。

レース当日はリラックスする感じで。会場にスタート2時間前に着き、ゆっくりと自転車を組み立てる。181kmの長丁場のレースなのでスタート前にピリピリしてもしょうがない。アップは3本ローラーで汗がジワッと出てくるまで10分弱軽く回す。スタートラインには集団の中盤に並んだ。

いざスタートすると集団のペースは思ったほど早くない。人数も多いのであちらこちらで落車の音が聞こえた。集団の中盤から後ろ側に位置取っていたが、コーナーの立ち上がりで結構脚を使う事と落車回避の為に4周目くらいからポジションを上げ始める。あまり無理せずスピードが緩んだ隙に徐々に前に上がっていき、補給開始直後の区間で一気にポジションを上げる。そこからは20番手くらいの位置を常にキープした。

そこからの展開はあまり覚えていないが、10周を消化すると逃げを吸収するためにメイン集団のペースも上がってくる。慶應は逃げに誰も入っていなかったので、一応ローテにも参加する。集団前方に居るとペースアップの雰囲気が分かるので、あまり脚を使うことなく着いていくことができた。

しかしラスト5周くらいで脚が痙攣し始める。予想に反して天気が晴れて気温が上がった事と純粋に筋疲労の影響か。とりあえず使う筋肉を変えつつスボドリを流しこみ、回転主体の走り方に変えた。集団後方に下がって回復を待つ。一度ペースが上がった時に本気で千切れけたが、なんとかギリギリで持ち堪えることができた。

そしてラスト3周で逃げ切りが濃厚になってメイン集団はグルペット化。ゴールに向けて脚を貯めること事に。特に目立ったペースアップもなく、ラスト1kmの登坂区間へ。

試走の段階からマイペースで行くことを決めていた。最初からかっ飛んでいく選手は無視してひたすら自分のペースを維持する。最後までそんなにタレることなく、何人かの選手を抜いてゴール。20位だった。

結果を聞いた時は正直驚いた。なぜならレース内容は去年とまったく一緒だった為(昨年34位)。集団にひたすら食らいついていくだけという至極単純なモノ。結局勝負に絡むことはできなかった。モヤモヤした気持ちが残るが、復帰してからだいぶ脚が戻ってきていると感じているので、インカレロードでは過去最高のパフォーマンスに仕上げて必ず結果を残したいと思う。

最後になりますが、試合会場に駆けつけて下さった平沢様、2日間長時間に及ぶ立哨・大会運営、サポートをしてくれた部員の皆は本当にありがとうございました。平沢様には挨拶をしそびれてしまい、申し訳ありませんでした。

次は全日本学生トラックです。

最近の記事

コメント

    • うさみ
    • 2013.06.20 12:11am

    SECRET: 0
    PASS:
    思ったより早く調子が上がって来たね。インカレに期待しちゃうな~。
    ソフトクリーム1回、許可します。

    • むらかみ
    • 2013.06.21 12:18am

    SECRET: 0
    PASS:
    自分でも意外でした。インカレでは更に調子を上げていきます。
    許可ありがとうございました!

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. ほーこく

  2. 練習報告

  3. 久々の全体練

  4. 【悲報】直、チャリ部みんなに喧嘩を売ってしまう

PAGE TOP