試合報告

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 男子A 47:41'993 8位

試験中ですが、練習のモチベーション維持と、現状把握のために、乗鞍に参戦してきました。今日も試験だったため、報告が遅くなりました。結果的に、あと少しのところで入賞を逃しました。クラス優勝まで2分48秒、入賞まで約14秒でした。

今年は試験日程やレポートの関係で、周りの部員と全然行動を合わせられない状況が続いていますが、引き続き結果を出して部に貢献できるように頑張ります。来年は、7月の試験をすべて通せば、8月は休めるので、もし部に関わっていれば、インカレ期間中はインカレ出場権の有無にかかわらず、メカニック等、サポートを通じて部に貢献し、恩返しできれば、と考えております。

試合についてですが、今年は、悪天候により15㎞に短縮されたコースで行われました。結果として、計算した限り、平均時速は例年より早かった模様です。
体重は特に絞らず54~55kg、自転車は8.2kg、水は1.2L用意。

アップは、前半の約1~2㎞を3回登ることで実施。前の方からスタートできたので、そのまま先頭集団についていったものの、残念ながら第一チェックポイント(CP1)につく前にちぎれ、そのまま一人旅、という感じになった。優勝者は何度もペースアップしており、本当に強かったし、僕の実力が不足していた。どうやらペースが速かったためか、CP1を過ぎてもチャンピオンクラスの人に追い付かず、ひたすら女子選手とMTBを抜かした。CP1を過ぎて、勾配がきつくなると、チャンピオンクラスの人が少しずつ見えてきたので、少しずつ抜かしていく。6位になった人には、後ろから追い抜かれた。7位になった人は、途中から射程圏内にいたが、僕の粘りが足りず、追いつくことができなかった。ゴール前100mで、一秒でもタイムを縮めるために、もがいて終了。

パワー的には、これまでのベストの値をほぼなぞっていた。そのため、計算上のFTPも全く変化なし。しかし、試合中、心肺はそこまできつくないが、筋肉がきついと感じたので、パワーをつけるようなトレーニングをしていけば、更にFTPは向上するはず。もしくは、今回のレースで、もっと追い込めたはず。結果速報を見たときは、ちょっとうれしかったが、データを見ると、反省が残る結果となってしまった。もう少し、追い込むために、実走でぎりぎりまで追い込む機会を設けるなど、メンタルを強化します。

練習報告は、試験が一段落したら書きます。あと3週間くらい試験が続くので、引き続き、ローラー中心の生活おくる予定です。
試合中、慶應を応援してくださった方々、及び、OBの方々、ありがとうございました。


最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 個人ロード

  2. カテゴリー

  3. 小原さん、しっくりくる服がない

  4. 個人ロード 試合結果報告

PAGE TOP