試合結果

しまなみロード

クリテリウム(1.4km ×26周 = 36km : 6/45位、7pts
ロードレース(15km × 10周 = 150km) : DNF

装備 : Bora one(Pro4 Tu)
ギア : 53/39 12-27T(両日)

広島県の生口島で開催されたしまなみロードに出場してきました。部車移動で片道10時間の長旅。長距離運転を引き受けてくれた野崎と方山は本当にありがとうございました。

金曜の朝7時に出発して着いたのは17時過ぎ頃。前日入りしてよかったと思った。温泉にゆっくりと浸かって疲れを取って就寝。

【クリテリウム】

土曜日は会場が近い+スタート時間も遅かったので朝はゆっくりできた。10時過ぎに会場入りし、自転車の整備や試走などで時間を潰す。クリテリウムのコースは1箇所だけ10秒ほどの登りがある以外はフラット。コーナーも曲がりやすく路面状況も良い為、かなりスピードが出るコースだった。アップは30分ほど3本ローラーで軽く回して済ませる。スタート位置は2列目で定刻よりレーススタート。2周毎に1~3位までポイントが与えられるポイント形式。

レースの目標としては明日の調整といった感じで順位は意識せず、逃げて落車リスクを低減する事と目立つことを目標にしていた。結果的には逃げれたし入賞も出来たので満足。

展開は最初から速いペースで進み、集団前方で逃げるタイミングを伺っていると、招待選手のオランダ人がちょっと集団から飛び出していたのですかさずもがいて飛び乗る。うまい具合に2人で抜け出せて、その後もう一人のオランダ人選手も合流して5周弱逃げた。ポイント周回は2回とも2位通過したが、その後オランダ人コンビのスピードに耐え切れられなくなって千切れ、集団に戻った。

集団に戻ってからは後方でヒラヒラしながら回復に努め、集団スプリントは苦手なのでその前のポイント周回を狙って徐々にポジションをあげていく。皆ゴール向けて脚を貯めているようでそんなに苦労することなくポジションを上げることが出来て、ポイント周回で狙い通り集団の頭を取って3位通過(オランダ人コンビが逃げ続けているので)。ゴールポイントもあわよくば取れたらと考えていたが、殺気立っている集団に萎縮してそのまま流してゴール。

ゴール後はダウンしつつ、疲れを抜くことに注力。

【ロードレース】

ロードレース当日も会場が近いので比較的朝はのんびりできた。やっぱり宿泊場所は会場に近いほど良い。アップは3本ローラーを20分くらい+コースの登り半分。脚の状態はいいように感じた。コースは池辺の書いてくれた通り。登りは勾配変化が多く長くてキツイ。27Tを付けていてよかった。

目標は学連最後のロードレースなので表彰台に乗ること。それに加えて、プロも多数出場する大会なのでそういった選手に気持ちで負けないような走りをすること。

スタート後は西園選手を中心に速いペースで進む。なぜだか身体が動かず、登りを集団前方でクリアすることができずに千切れる始末。でも下りを飛ばして平坦でローテーションを回すと無事集団に復帰できた。こんなことが前半5周の内に2回あった。

6周目に入ると西園選手と数名の選手が登りで少し抜け出していて、それを追ってシマノ野中選手がスルスルするーっと登っていったので後ろに着かせてもらう。きついけどこの数名を行かせると絶対に決まってしまうので我慢して着いていく。丁度ピークで追いついてそのパックで下り、平坦路で西園選手、野中選手、鹿屋徳田選手、シエルヴォ奈良の選手、自分の5人になった。

この時点で自分の選択肢としては、この面子の中だと明らかに脚力で劣っているのでローテーションもそこそこにできるだけ勝負どころまで温存するということしかなく、省エネ走行に神経を集中させた。

しかし、平坦路が終わって登りに入ると西園選手が再びペースを上げ、我慢できなくなってS/F地点手前で千切れてしまった。その後もペースを保ちつつ、追いついてきた早稲田佐々木選手と2人で1周走った後、更に後ろから追いついてきた選手数人と6人の4位集団を形成してゴールを目指していたが、先頭から9分差をこえてしまったので規定によって最終周回直前で降ろされてしまった。

学連のロードレースで初めて入賞を狙える位置で走れていたのに降ろされてしまった事は正直とても悔しいが、順位の付いた1~3位の選手とは地脚の差は明らかであり、全く勝負に絡めてなかったのに入賞しても大して価値は無かったのかもしれない。やっぱり限界ギリギリまで勝負に絡んだ上で結果を得たい。そういった意味だと、今回自分は早々に勝負から離脱してしまったので、もし完走して入賞しても相応しくなかったと思う。

この悔しさは今週末のツール・ド・おきなわで晴らしたいと思う。

重ね重ね、方山と野崎はサポートと運転お疲れさまでした。2人のおかげで万全の体制でレースに臨めました。ありがとう。


最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. おうちのべっと

  2. 履修登録前日に焦って友達と電話しがち

  3. ばんくれん

  4. Отчет о практике

PAGE TOP