練習報告

山中湖合宿 後半

8.20 3:29’07/94.31㎞ 2078m/IF0.797/TSS228
無信号周回 ノンストップ 補給有

後半の山場。追い込んで、各自脚を使いきることが目的。脚の差を埋めるため、余裕がない人には付き位置を指示し、余裕がある人で回していく。村上さんにもかなりペースを作って頂き、ずっと速いペースを維持しながら回す。

1周目 32:46 186w NP225w IF0.833
2周目 32:40 182w NP215w IF0.795
3周目 32:36 179w NP217w IF0.804
4周目 32:57 175w NP214w IF0.793;登り区間でちょくちょく遅れそうになるが、村上さんからの激励で、最後まで粘り切る。ここまで、集団のペースは前回より1分以上早い。
5周目 37:33 174w NP203w IF0.751;登り区間で完全に遅れ、急勾配区間で、完全に集団が見えなくなる。下りで踏むが、ミスで落車してしまい、追い込み切れたが、タイムは大幅に失ってしまった。ただ、パワー的にはそこまで悪くなく、最後までしっかり練習できたといえる。また、集団の方は、ペースを維持したまま走り切った模様。一部のメンバーは6周目まで消化したようで、全員にとって、最適な練習になったと考えられる。

ヘルメットを割り、やや頭痛がしたので、コンディションにシビアな時期になってきた池邊と共に回収してもらい、回復に努め、かつコンディションの差を吸収した。
また、他のメンバーは籠坂峠でインターバルをしてもらい、脚を使いきってからさらに踏む練習をしてもらった。

8.21 3:10’03/72.54km 1424m/IF0.655/TSS158
TTコース*2

#1
TTT(2.6㎞) 7:32 263w;最初前に出てみるが、限界を感じる。中盤でちぎれる。
ITT(1.6㎞) 7:28 234w;集団の最後尾の人の後ろでゴール。

#2
TTT 9:20 214w
ITT 8:17 209w

スプリント 814w

本来3本の予定だったが、多くの人がコンディションが悪く、1本か2本と修正した。帰り際に、一部のメンバーは勝手にスプリント。大前君が1500w以上出し、調子がよさそうだった。初めて1500wのスプリントを間近で見て、勉強になった。
解析ソフト曰く、全体的にレース強度だった。

8.22 3:25’00/92.94km 543m/IF0.510/TSS105
山中湖→橋本→日吉

今日は回復に努める。計算通りであるが、200wを超えてくると(Z3を超えてくると)息が上がるくらい調子が悪く、道志道では登りで遅れ、下りで追いつく走りを繰り返した。日吉までも、極力、きついアップダウンは避けた。

○総括;今回は、村上さんが参加して下さったことや、池邊・大前・僕の3台のパワータップがあった事で、非常に強度が高い練習ができた。その為、距離は短いが充実した練習になったと思う。また、やはりパワーメーター&解析ソフトの利用が、密度の高い練習には不可欠である事が改めて実感できた。
○現段階で、僕自身はATL134.4,CTL82.7と、短期的にはオーバートレーニング気味であるものの、長期的にはTTTの時と同じくらい練習を積み重ねられている。TSBを正常化させつつ、まずは数日休んで、インカレ直前にもう一度負荷をかけて、良い状態で試合に臨みたいと思う。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 〜復活のG〜

  2. 役員

  3. 新たな刺激

  4. 個人ロード

PAGE TOP