試合結果

9月14日
RCS第8戦山形村ヒルクライムラウンド
記録
26’12”.26’33”.27’12″計1時間19分57秒
クラス3 11位

始めてのヒルクライムレース、試走の具合なども考え、ギアは前34、後28で臨んだ。
一本目から主にクラス1の選手がかなりペースをあげ、自分は開始1キロ弱でちぎれてしまいその後は単独で走行、前の集団からちぎれた人を追うような形で登っていった。最後の激坂1.3キロでは1番軽いギアを使うことなく登れたがほぼダンシングの状態でかなり足を使う羽目になった。またレース形式で山登りをするのも久しくかなり肺にきてしまった。
2本目は自分のペースで登り始めたところ、少数の集団ができたが激坂手前一キロほどでちぎれ、またも単独走行となった。2本目の途中からかなり足が重くなり思うようにペースをあげられなかった。
3本目、かなり足は限界に近く残り3キロくらいまでは先ほどの集団についていけるもペースアップについていけず、単独走行となり、激坂でペースをあげるもうまく走れなかった。
激坂で毎回2、3人程度は抜いていたのでそこまでペースを落としていたわけではないとレース中は判断していたが、リザルトを見る限り、前の人とかなり差が開いていることからもかなり遅かったことを確認した。
今回痛烈に感じたことは絶対的な体力不足や登坂力不足だと思われる。もう少し集団に粘れていたらもっといい順位になっていたと思う。言い方は悪いが、同じ慶應のクラス3の選手と争っているようじゃまだまだだと自分の普段の練習での意識の低さを感じた。いいお灸をすえられたのではないかと思う。
宿や移動、予定などを管理してくださった池辺さん、竹村さん、村上さん、ありがとうございました。
追記
防寒具が壊れていて下りは寒くて震えた。気候を考えた服装、寝具があまり適していなかった。初めてなのでしょうがない部分もあるが覚えておきたい。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. yogibo欲しい

  2. 最高のオフ

  3. 運動キモチエ

  4. いつの間にか3月

PAGE TOP