練習報告

9/11 15min
はっきりいって練習にならなかった。やってないも同然。

9/12 45min
恒例の高ケイデンス練習。
115~120rpmで回す。ご飯の時間になってしまった為、急遽中断。
最後の5分間は130rpmぐらいに上げて辻褄を合わせる。その時だけ達成感だが今日も意味がなかったと振り返ってみると思う。
ご飯後に自転車関連で色々調べていたら、あるサイトで新城幸也選手が三本ローラーに乗っている動画だったり、日本王者になった時のレース、情熱大陸にて取り上げられた時の動画等を見た。かっこよかった。今まではあまり意識して見たことがなく気づかなかったが、プロの選手の人々の体の分厚さ(主に腹筋等)がとても凄いことに今更ながら気づいた。僕は薄すぎる。

9/13 75min
練習前に、昨日の深夜にやっていたグランプリシクリストドケベックの録画を見ながら体幹をした。新城選手は相変わらず素晴らしかったし、優勝したサイモンゲランスは機材トラブルなど無かったかのように、最後の登りの直線で一気に優勝をもぎ取っておりかっこよかった。最後の一踏みが強くなりたいと思った。
昨日は短めだったので二日合わせて2時間になるように多めに練習をした。最初の40分は115~120rpmで回していたが、甘えな気がしたので残りの時間は120~125rpmで回した。辛かったが意外といけた。腹式呼吸を意識してやってみるととても楽になることを知った。辛いといっても普段外で練習している人たちに比べたら対したことがない。今まで自分でやっていた練習が妥協していただけのことだ。

9/14 75min
お尻に筋肉痛を感じ、昨日少しはまともな練習が出来たのだろうか。
昨日30分120rpmキープが出来たのだから、今日は最初からやってみることにした。この練習をするきっかけのブログにて最初から120rpm*1hは難しいから少しずつ段階を踏んでやれというようなことが書いてあり、なかなか実践しなかったが、ただの妥協だったし、少し我慢すれば全然出来ることがわかった。
120rpmが自分にとって普通であるようにすること、もっと高ケイデンスが普通に継続して出せるようになること、それが重いギアでもできるようになることが今後のステップである。一つ一つのステップをさっさと終わらせなければ色々間に合わない。
深夜今年のツールドフランスの総集編がやっていた。脛を折っても一級山岳を登ったコンタドール等、怪我がつきものの自転車競技なのだから、プロとは流石に違うとはいえ、怪我のせいで練習にいつまでも出られないのは情けないと思った。

試合に出られた方々お疲れ様でした。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 初級キャノンボール初達成

  2. がちゃがちゃ

  3. 近況報告

  4. 満身 and the 創痍

PAGE TOP