試合結果

10月26日 東京都選手権
日本CSC8kmコース×4周
クラスB(ここにリザルトを書く)
ロードレースに出るのは山形村を除けば5月のJCRC以降2回目なのでまずはクラスB入賞を自分の及第点として臨んだ。アップは宿よりCSCまでの登りで比較的温まったので試走を畑と2人で。
正式スタートの時に1番前にいたのは収穫だが最初の5人ほどの飛び出しには対応できず荒川伊藤潤岡山と数人のおじさんレーサーとまとまっていた。2週目中盤くらいで岡山の後ろについていたら集団と少し離れたが気にしていなかった。結果からすればそこがまずく、彼の下りはクラスBでもおそらく1番速く(結果としてあのような事態になってしまったが)、普通に下りでちぎられそこからはおじさんレーサー1人と二人旅。3周目あたりから自分の足と心肺に対して明らかに自転車が進まず、試合後確認したら後輪とフレームがずっとすっていた。もっと最初からその状態だったのかもしれないが機材不良は確実に自分のミスである。

今回感じた点は2つ。
自分はロードレースに出てる機会が少なすぎる。レースはお金を払っているからもあるが、学ぶことがまだまだ自分にはたくさんある。次は11/29のセオフェスに1年有志で出るのでパワマやTT練と並行して練習する。
2つ目は夏から入ってきた1年2人(誰とはいわないが)が自分より確実にはやいこと。別に今までも分かっていたがこうやってレースに出るとよりわかりやすい。簡単にいえば自分が入部してからの6か月は無駄だったということである。そろそろ冬に入るので気を引き締めて克克と頑張る。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 個人ロード@群馬CSC

  2. 色々かなしい

  3. お元気そうです

  4. いろいろやった

PAGE TOP