試合結果

11/16 浮城の町クリテリウム
クラス3−C 11位
前後輪 c50
・レース展開
序盤から出来るだけ集団前方にいる事を意識。278,283の二人をマーク。
前半から積極的に集団を引いていた278が途中から2人の逃げを形成(アタックというよりかは集団の3人目がペースアップを控えた)、メイン集団を日大2人、東海2人、信州、自分の6人が先頭を入れ替わるような形で走る。この間は出来るだけ日大283の後ろにつく事を意識。逃げの片方を途中で吸収するも、どの大学も積極的に追う事なくずるずると走る。一度先頭に立った時、追いつこうと思い少しだけペースアップしたが後ろがついてきているように見えたため躊躇い、先頭交代。
ラスト2周となり、追い風のストレートに入った瞬間、疲労自体はそこまで感じていなかったが、突然エネルギー切れを起こし、明らかに他の選手よりも踏めなくなり大量に抜かれた。そのまま集団から遅れてゴール。
・課題
他の選手よりも重いギアが踏めていない‥立ち上がりの際(特にホームストレート)に後ろの選手に位置を上げられるのもしばしば。スプリント勝負になった時には確実に負けていただろう。
突然のエネルギー切れ‥レース前にもう少し食料をおなかの中に入れておくべきだった。そもそも所詮16kmのレースにおいてエネルギー切れを起こしている時点で問題外。
集団前方での立ち回り‥無駄に引き過ぎた。引くにしても後述のように思い切りがなかった。先述の先頭の6人の後ろには大東文化、日体、順天が常に引っ付いており、先の2人は3、4位、順天に関してはバイクトラブルがあり、リタイアしたものの終盤に一気に先頭に出てきた。焦りすぎずに冷静に体力を温存すべきだった。
思い切りのなさ‥一度先頭に立った時、逃げに追いついてみようと少しだけペースアップしたが、無駄な体力消費にはしたくなかったため躊躇った。しかし、ビデオを見てみるとあの瞬間僕と後ろには多少の間が出来ており、思い切って追いかければ逃げに合流でき、上位を狙えた。
ギアチェンジ‥序盤立ち上がりの際に重いギアのままにしていたり、軽過ぎたりと無駄な体力を使った。
・収穫
集団の前方でレースを展開する事が出来た。
とりあえず完走は出来た。
この1週間意識してきた回すペダリングに関して有効活用が出来た→筋力アップしてより重いギアで回せるようにする

レース直後は先頭集団前方で走れていた事に満足していたが、決輪を使わせて頂いたのにも関わらず、結果的には最下位から2番目と大変不甲斐ない順位であるので非常に情けない。なんだかんだ言って自転車を始めて今日で3ヶ月半を迎え言い訳が出来る立場ではないので、次の試合迄の1ヶ月で鍛え、最低限入賞はしたい。
月末にはセオフェスに参加するのでここでのレース経験も今後に活かせるよう、楽しんでかつ真剣に走りたい。

遠方まで駆けつけてくださり指導、応援してくださった宇佐見監督、OBの方々、朝早くから立哨、応援、サポート等してくださった先輩方ありがとうございました。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. yogibo欲しい

  2. 最高のオフ

  3. 運動キモチエ

  4. いつの間にか3月

PAGE TOP