試合結果

11月30日
六大学トラック
エリミネーションに出場した。人数が多かったので少々びびっており、外側から捲ってギリギリ生き残る感じだった。一度捲った後に集団の先頭の方に居てみたが、周囲に人が集まってきて思うように走れず、外側から巻くって生き残るパターンができなくなり、最後は後方内側に位置してしまい早々に終了。周囲に人が集まってきて思うように走れずと書いたが、トラック競技で大人数になればそんなことは当たり前のことだと思うので、思うように走れないなどということを言っていないで、集団の中でも上手く位置取りができるような技術が必要だと思った。もしくは集団の前の方に残り続けられる力が必要だが、それは難しいかもしれない。
一発芸で割愛されたのが慶応”だけ”だったのはどうなのか
宇佐美監督、OBの先輩方、四年生の先輩方、サポートに来てくださった方々、ありがとうございました。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 個人ロード

  2. 個人ロード@群馬CSC

  3. 色々かなしい

  4. お元気そうです

PAGE TOP