試合結果

試合結果

行田第二ラウンド13位

初めて完走することが出来、正直とても嬉しかった。しかし、最後のスプリントより前に集団から離されてしまったため、まだ優勝には距離があり、残念ながら喜んでいる場合ではない。とは言え本当に多くのコツや感覚をつかめたレースであったため、ここで調子にしっかりと乗ることを目指す。
前回までに比べ、ペースが余り早くなかったことも有るが体力が尽きなかった。年末に行っていたLSDの効果が出たと思いたい。
しかし、伊藤や蛭川の話を聞く限り今回自分が最後まで残れたのは運の要素も含むレース展開が功を奏した面が強く、中切れに巻き込まれていたらパワマなどの数値で勝る彼らを差し置いて復帰出来たとは思えない。
逆をかえすと、レース展開は今までの中でぶっちぎりて上手く行っていた。レース前の畑のアドバイスの「周りが踏む時に流し、周りが流す時に踏む」や、「連続カーブの所は踏まない」などがとても役に立った。
最終的に、8週目で上がったペースについていけず千切れてしまった。次のレースまでに乳酸除去力強化は続けながら、巡行ペースの向上を図りたい。

今後3年間の学科を決定するテスト期間真っ只中に3戦が開催されるため、両立が正念場である。今回手に入れたコツと感覚をモチベーションにしっかりと両方を乗り越える。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 〜復活のG〜

  2. 役員

  3. 新たな刺激

  4. 個人ロード

PAGE TOP