試合結果

行田クリテリウム第2戦
またもDNFだった。前回は三周目くらいでちぎれたが、今回は六週目でちぎれた。原因はコーナーで自分のイン側を曲がっていた選手が曲がっている最中に大きく外側に来たため、前輪を持っていかれそうになってブレーキをかけてしまったことだ。とはいうものの、その時点でもう少し集団の前の方にいれば集団の中で位置を下げるだけで済んだだろうし、そもそもそこから立ち上がりで追い付く体力がなかった自分の原因でもある。もっと言えば、そこで少し離されたときに、このままではちぎられるという危機感が足りなかったのも原因だ。離された直後は追い付かなければという気持ちはあったものの、ここで力を使いすぎてもダメではないかという気持ちもあった。しかし実際は、その後に向かい風の直線区間があったことも考えると、全力を出してでも追い付くべきだった。そこから半周ほどすると自分の後ろにいた選手はもう居らず、自分の少し前を走っていた選手一人になってしまった。その選手はみるみるスピードをあげていくので着いていったが、途中で失速し、ついに一人で集団に追い付くしかなくなった。流石にもう無理だろうと思ったが、頑張ったら追い付いた。しかし力を使い果たして再び集団からちぎれてDNF。ここで集団に追い付くために使った力を、先程のコーナーで使えば良かったと思った。また、コーナーはできるだけ前の方で曲がろうと心掛けたため、風を受けまくってでも無理矢理外側から先頭の方に出たが毎回そうやっていては疲れてしまうので改善したい。そのためには集団の内側でも曲がれるようにする必要がある。考えてみれば外側にいても今回のように内側の選手にぶっとばされそうになるので、外側で曲がるメリットは少ないかもしれない。アウトインアウトだけではなく、色々な曲がり方に対応しなければならない。次回は最後のスプリントに加われるようにしたい。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. かつぜつええ

  2. さーぷらぁーいず

  3. レース前は決まって太る。

  4. かぜつええ

PAGE TOP