試合結果

2/22 (日)
行田クリテリウム 2.7km×7周回
クラス3B DNF

4周目のホームストレートで集団から千切れ5周目で降ろされた。集団から千切れたのは、その前のコーナー区間の立ち上がりで前走者の後ろに付けなくなり、ホームストレートの直線で徐々に離されて行った。
千切れた原因としては
1.脚がない、無駄に動いた
2.苦手な立ち上がりでかなり遅れをとってしまった
3.考えて走れなかった

1、3は似ていて、前に前にずっと居続けようとして全て頑張り過ぎたこと。踏まなくてもいい立ち上がりで踏んでしまったこと。ホームストレートでの関西大の選手のアタックもどきに反応してかなり疲れてしまったこと。これは単純に体が強ければそんなに疲労しなかったと思うが‥
2は、練習の時から立ち上がり遅れを取っていたことがそのまま出た。ギアの選択もあるかもしれないが、一番の問題は、立ち上がりが苦手ならそれを補う走り方を考えなかったこと。何も対策を取らないまま挑んでも結果は目に見えているのに、何とかなると思っていた自分はほんとうに甘いと思う。

前回のレースから昨日までの間、練習はしていたが試合の為の練習をしていなかったのではないかと思う。チーム練習に参加し、100km以上乗りました。先輩から千切れませんでした。で漠然と前よりは走れるようになったかな、次は完走できるかな、と思ってしまったがそんなことはなかった。同期の一年生たちが完走あるいは入賞できているのを見て、皆と同じ練習をしているのだからいつかは自分もあのようになれるのだろうと思っていては、気がついたらクラス3で引退、何も残らないまま終わるのではないか。
何も考えないで練習し続けていけば同じ結果が繰り返される。現状を変えるため、自分がクリテリウム、ロードレースで完走、クラス2へ昇格するにはどうすればいいか。具体的な練習の仕方を周りの方たちに聞いてやっていきたい。
応援に来てくださった橋本先生、宇佐美総監督ありがとうございました。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 天気予報はあてにならない

  2. 練習報告

  3. Y’s Road 〜ワイの道〜

  4. 小原さん、服に目覚める

PAGE TOP