試合結果

第20回西日本チャレンジサイクルロードレース大会
A-U 11位 58’44(+0’43) 37.69㎞/h
IF0.965/TSS91 W’106% Av.215w/xPower244w/NP263w
48:52 *NPはソフトによって若干異なっていた。

朝、目覚ましの約2時間前に腹筋の筋肉痛で目覚めるほどの最悪のコンディション。アップ中もすぐ息が上がるので、少しだけ脚を温めた後、アップオイルでごまかす。
スタートは最前列を確保。スタート直後から、頻繁にアタックがかかるが、散発的なので、決定的なものはない。しかし、体を温める意味で、出来るだけチェックに入る。
身体が温まってきたが、調子が悪いためか、大腿四頭筋を消耗してしまい、かなりきつい。そして、三段坂の、確か三段目でCoraggio Kawanishi の決定的なアタックがかかる。チームでアタックをかけたので、決まるかもしれないと思って、もがいたが、完全なパワー不足で、集団に食らいついたのみ。また、集団も結局逃げを容認し、というより逃げを吸収できず、逃げが決まる。
二周目に入ると、集団も再び少しペースアップしだし、前方ではローテが回り始める。が、その数人を除くと集団は横に広がり、ローテに入りたがらない選手も多く、また、僕自身も、脚がないために、先頭に上がれず、もう少しでローテに入れそうな位置にいたにもかかわらず、入れず、申し訳なかった。ただ、少しずつ殿筋や腸腰筋を使えるようになり、楽はできるようになった。しかし、ダンシングの際に、まずは大腿四頭筋に力が入り、そこから腸腰筋に切り替える、というぎくしゃくした動きとなり、実際、後で朝比奈に、ダンシングへの切り替えの際に、ペースが乱れていた、という指摘を受けた。
三段坂の二段目で、ややハンガーノック気味だと気付き、ウィーダーを注入。この距離で補給が必要ということは、よほど調子が悪かったのだろう。その後、ローテに従って先頭に出たものの、力がなくて全く引けないまま後ろに下がってしまう。そして、三段目で朝比奈のメカトラ。朝比奈の分まで頑張ろうと、どうにか集団に食らいついていく。一周目は600w位出ていたが、二周目は腸腰筋を使えていたためか500w位で収まっている。
三周目は、最初はゆっくりだったが、徐々にペースが上がっていく。捻挫がまだ完治していない、足首も痛くなってきて、三段坂の二段目辺りは結構ぎりぎりで、その後の下りでも中京の選手が逃げようとした為か、かなりペースが上がる。実際60㎞/h前後で集団が流れていく。三段目は脚がいっぱいいっぱいだったもののどうにか集団後方に食らいつき、その後の下りで少しずつポジションを上げる。スタート前の最後の登りで落車が発生したものの、ほとんどの選手は巻き込まれず、そのままゴールに流れ込む。が、足首が使えないので、シッティングで腸腰筋を無理やり動員し、最後だけ、大腿四頭筋を使って、かなり汚いフォームでゴール。最大でも760w位、全体では40s490w弱と、全然スプリントになっていない。

あと一人まくれば入賞だった、と若干悔しかったものの、全然レース展開に加われなかったので、当然の結果だと思う。ともかく、全日本の出場権が取れたので、完走以上の結果を残すために、引き続きトレーニングに励みたい。まだまだ、全日本で、どのくらい走れるか全然予想もつかないし、実力も伴っていないので、レースに出ながら、徐々にパワーアップしていきたい。ただ、NP的には、昨年のTTTやインカレの強度に既に耐えられるくらいの体ができている、と分かったのは収穫である。

サポートして下さった、早稲田大の岩田君、そして岩田君のご両親、本当にありがとうございました。そして、朝比奈も、運転等、色々とありがとう。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. お元気そうです

  2. いろいろやった

  3. プアマン / リッチハピネス

  4. 初級キャノンボール初達成

PAGE TOP