練習報告

3月18日
TTの練習
フラワーラインでTTをした。平地なので、夏の合宿でのTTよりはまともに走れるだろうと思っていた。普段は下ハンドルをほとんど使わないが、今回は走り始めから下ハンドルを掴んでみることにした。また、下ハンドルを掴む際は、体重があまりかからないようにした。基本的に重いギアで踏んで、脚が疲れてきたら少し軽くして、ペダリングを重視した走り方に変えたりしながら行った。一本目と二本目の差が激しく、二本目では二十秒ほど落ちていた。脚の持久力をつけなければならない。
3月19日
ローラー
雨予報のため、前半合宿と同じくローラー大会。90分×2。一回目は早々に腰痛を発症し、あまり全力を出しきれなかった。二回目では自分なりに体幹を意識してみた結果、それほど痛くならずに済んだ。これは、三日前の国体周回での激しい腰痛との闘いの果てに上体を極端に低くした結果、腰の痛みが少し紛れたことを参考にしたもので、自分なりにお腹に力を入れてみるというものである。意味があるのかはわからないが、慣れれば腰痛を緩和しながら走れるため活用したい。この走り方をするときは重いギアで踏んでいる。ローラーをする際に音楽を聴く人がいるが、実走しているときは聴くことができないためあまりやっていなかったが、この日の二回目から自分も音楽を聴きながらやってみたところリズム良く踏むことができた。また、あまり関係ない話ではあるが、ローラー上でのダンシングをマスターしたと思われる。3月20日
移動練
伊藤くんがとても速かった。今日は人数も多く交通量の多い場所であったため、、危険な部分が見受けられたが、練習コースなどではとても良い強度の練習になるであろう。指摘を受けた通り、背中から腰を真っ直ぐにして、股関節から体を倒すように意識して走ってみた。自宅でフォームを確認したい。日吉の部室に運良く部のローラーが置いてあったため、10分メディオ2本。空気圧を抜く量が少なかったため、ケイデンス95~100ほどでの練習となった。だが、それはそれで大変だった。踏むのではなく回すのを意識する感じで行った。

全体を通して、後半合宿も雨で練習があまりできない日が続いた。後半も同様、200キロ走るメニューがあったが、200キロはちゃんとご飯を食べて腰と上手く付き合っていけば走れるものだと感じた。レース走の日やTTの日などもあり、バリエーションに富んだ練習だったため新鮮であった。新しい発見も少しあったため、忘れないようにせねばならない。帰ってからはメディオをもっとやらねばならない。
館山合宿所の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. おうちのべっと

  2. 履修登録前日に焦って友達と電話しがち

  3. ばんくれん

  4. Отчет о практике

PAGE TOP