試合結果

8/1 白馬クリテリウム一日目
ポイントレース形式

試走の時に蛭川さんが妨害してくれたので頭の中で反芻しながらアップをした。試合前は前回より余裕をもって行動できた。
スタートを待っている間も、暑さにジリジリと体力を奪われフラフラしていた。池辺さんが水を持ってきてくれなかったら危なかったかもしれない。
初期位置は悪くなく、走り出してからもカーブにアウト側から入れるよう車線をキープできた。
3~4周目で千切れたあとポツポツ走っている選手を利用して集団を追っていたが敵わなかった。
ここで大きめの落車が起き、集団がバラついたので、追いやすくなったのが幸運だった。
気づいたら足が揃っている人二人と一緒に走っていてそのまま頑張ったら完走できた。
相変わらずカーブで下ハンを持つ勇気が無かった。下ハンだとブレーキの微調整ができない怖さによるものかもしれない。
落車による集団のバラつきと救世主二人との合流がなかったら完走はできなかったと思う。

8/2 白馬クリテリウム二日目
20分+3周

レースの形式上、集団から千切れたら昨日より辛くなると言われたがその通りだった。
運良く自分の組は集団がゆっくり走ったいたので昨日よりは着いていけたが、結局千切れ、そこからが地獄だった。
ギリギリ追い付けそうに感じるくらい前方に先輩二人が走っている小集団がいたのだが、ポツポツが全く存在せず一人で延々と追いかけた。
他の組だったら間違いなく完走できないレース内容であり、悔しさが残った。
千切れたあとの対応が今後の課題であるのだが、そもそも千切れないような脚と肺を身に付けなければならない。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. どこまで書いたか忘れた

  2. 石井さんは神、ライド

  3. 新パワメ降臨

  4. モートアップしたンゴ

PAGE TOP