試合結果

第71回全日本大学対抗選手権自転車競技大会
個人ロードレース@大町美麻 5周/14周DNF
1:39’59/54.90km IF0.869/TSS126 W’71%
前後Bora One 35mm with Panaracer Race C Evo Tubular 6.0bar&6.2bar
Igname アップオイル・ブレス・レインジェル、チェーンオイル、コーティング剤を使用

4年目のインカレが、結果として、不本意な形で終わってしまいました。多くの方に、応援・サポートをして頂いたのに、結果でお返しできず、本当に申し訳ありませんでした。

今回の美麻は、晴れると極めて暑く、サバイバルになることを想定し、様々な対策をしましたが、結果的にすべて裏目に出てしまいました。まず、スタートの段階で、ウォームアップオイルとレインジェルを塗っていたにもかかわらず、もともと寒さが苦手なうえ、かなり絞った影響で、寒さと雨で両足がすべて痙攣した状態でのスタートとなり、さらに全日本の雨中の落車のトラウマで、下りで位置を下げ、集団最後尾で粘り続けたものの、登りで脚がほぼすべて攣った状態となり力が出ず、結果的に一周目完了時の激坂で、集団のペースアップに気付き、位置を上げる必要を感じていたにもかかわらず、維持するのに精いっぱいで、結果的にグルペット入りしてしまい、レースが終わりました。
この2週間は、ローラー中心のトレーニングをしていましたが、扇風機なしのトレーニングなど、暑さ対策をし、また脂質をほぼ取らずに体脂肪率を5%以下まで絞ったことが、完全に裏目に出てしまいました。レース後に夕食で、肉を少量食べるだけで気持ち悪くなり、如何にギリギリのコンディションであったかを改めて感じた次第です。

全日本での落車による不本意なDNFから約2か月弱、この悔しさを晴らし、そして4年生として、インカレで上位に入り、チームに貢献したいと思い、Peaks Coaching Group様にすべてのトレーニングメニューを作って頂くことにより、過去最高のコンディションで臨むことができたし、また自分の弱点はかなり克服されたものの、結果的に僕自身の力不足で、本来の8~9割の力しか出せていませんでした。プロ選手のトレーニングの凄さを垣間見て、とても充実した2か月だったものの、その効果を結果で示すことができず、申し訳なく思っています。サポートして頂き、本当にありがとうございました。
そして、今年のTTTもそうでしたが、自分の苦手な状況で一気に力が出なくなるのは、ローラーでのトレーニングの弊害だろうし、それは、例えば医学の勉強において、単に教科書を暗記するだけでは実地では役立たない、等々、ほかの分野でもいえる、ある意味一つの教訓を与えてくれたのだと思います。

宇佐美監督、川崎監督、橋本先生、そしてOBの方々には遠くからお越しいただき、本当にありがとうございました。不甲斐ない走りしかお見せできず、申し訳ありません。また、非インカレメンバーとマネージャー陣にも、最高のサポートをして頂いたのに、結果を出せず、悔しいし申し訳なく思っています。そして、チェーンオイル・フレームのコーティング剤・アロマオイルを供給して下さった、イナーメ様、ありがとうございました。
この4年間でTTT、全日本、そしてインカレと、ビックレースを走る機会に恵まれたのは幸せでしたし、自転車部に入って本当に良かったと思っていますが、結局、どれも参加するだけで終わってしまい、結果らしい結果を出せなかったのは、非常に残念で悔いが残ります。今後、4年間で得たことを少しでも後輩に伝え、少しでも、部全体の戦力向上に寄与し、またこのような思いをしてもらわないことにつながれば幸いです。
ずっと数値相手のトレーニングを続けてきて、特にこの2か月弱は、充実していたものの、精神的にも疲れてしまったので、少し休もうと思います。今後のことは改めて考えます。4年間、本当にありがとうございました。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 5本で辞めれないっしょ

  2. 土日

  3. 本当に怖いもの

  4. 夏休みまであと1日

PAGE TOP