試合結果

遅くなってすいません。
思うところが多すぎて、書こうにもどう書けばいいのか分からなくなってしまっていました。
とりあえず適当に書いてみました。

8/30 全日本大学対抗選手権 RR:DNF(5?6?周)
前後輪 BOMA
53-39 12-27

ザッと個人的なレース展開。
4列目からスタート。成相さんから集団の左に寄れとのアドバイスを頂いていたのでその通りにうまく左端を確保。そのままローリングで位置を上げて先頭近くを位置取れた。
5分ほどの坂はほとんどローリング。解除されたあとも余裕を持って対処できていたけど最後の劇坂で全く力が入らずに位置を集団の後ろ半分まで下げてしまう。その後の下り平地・5分坂区間で集団中程まで位置を上げるも、また劇坂で位置を下げてしまう。登り切って右に鋭角に曲がってからの場所で集団から千切れてしまった。
その後はしばらく一人、その間に両脚が攣る。その後は騙し騙し早川加藤集団で走ってDNF。

今年から就職活動が後ろ倒しになり、昨年までのように内定獲得後の練習復帰では遅すぎるということで、なんとか両立しようと思ってやってきた。ただ思い返してみると、就職活動序盤の神宮では、骨折復帰後のレースということもあってとても満足できたものの、その後の全日本、お台場、そしてインカレと何一つ満足のいく結果を残すことができなかった。そればかりか例年より体調不良も多くなり、木祖村2daysと個人ロードをDNSする始末。
就活を言い訳にはしたくないけど、やっぱり相当デキる人じゃないと両立はきついんだな、というのが今回の印象。時間的にもだけど精神的にキツい。メンタルお化けじゃないとやってられない。
昨年度まで先輩たちが就活中に仮引退してきた理由も身をもって感じた。就活と部活の両立っていう毒味をしてみて見事に毒に当たったって感じ。その毒味は無駄だとは思わないけれど。

ただ、走り終わってからはそこまで負の感情は湧かなかった。結果はダメだけどまあ良かったなと。去年出られなかった舞台に立てただけでも良かった。挑戦したみただけ価値はあった気がする。

3年前から去年まで、インカレを終えた先輩方が書いてきた感動的な試合結果を読んできたけど、自分は書けなかった。
まだちょいあるから頑張ってみようかなとも思ってます。六大戦後は感動的な文を書けるといいな笑

最後になりますが、応援してくださった全ての方々本当にありがとうございました。
3周目、劇坂を一人で登りながら坂全体から本当に色んな人に応援してもらえ、それだけで泣きそうなくらい幸せでした。素晴らしい人脈を作ることができただけで自転車やっててよかったなと思いました。本当にありがとうございます。

すこし休んでから再開するので、あともう少し宜しくお願いします

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. ですよ。

  2. 松美DAY3

  3. 練報

  4. 松美DAY2

PAGE TOP