練習報告

10月12日
名栗→山伏峠→正丸峠→刈場坂峠→県民の森→白石峠
前々から埼玉の奥地に練習に行く人を羨ましく思っていたので、あれをあれして全体練で埼玉へ。
メンバーは北見さん、岡田さん、(飯井)、宮本、大藤、小松、小島、熊谷。
山伏峠までは皆でローテをして急ぐ練習。普段あまりしない練習を距離をとってできるのはとてもよい。山伏峠は宮本と二人で急ぐが彼があっけなく落下し落胆。
その時点で何人かを除いた人達が完全に死にかけていたのでそこからはペース。峠の上で待って進んでを繰り返した。
帰りは矢野口まで60kmoverという事実に全員が圧倒されていたが、総員死力を各々尽くして帰宅した。特に大藤がむざむざ
と岡田拓海先輩と小島をちぎって行く様はなかなか目を見張るものがあった。
小平で綺麗にコーナーを曲がると宮本と二人に。私は後続を待つことを提案したが、宮本に踏んでくださいといわれ仕方なく踏んだ。弟子の暴走を止められず、申し訳ない思いでいっぱいである。
その後は精一杯踏んで帰った。自宅までの15kmは地獄そのものだった。久しぶりのオールアウトはかなり嬉しかった。

初めての埼玉での練習はまだまだ至らぬ点が多かったと思う。特に帰りの時間か遅くなってしまったことは申し訳ありませんでした。
今日の練習が特に事故なく終われたのはやはりひとえに北見さんのお陰だと思う。ありがとうございました。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. ですよ。

  2. 松美DAY3

PAGE TOP