練習報告

種類 自走
距離 鴨川→自宅→日吉(152キロ)

無限に感じた合宿もついに最終日。帰るだけである。私はフェリー代もアクアライン代も払えそうになかったので、愛しの我が家まで自走する事にした。奇遇にも1年逸見君もお供してくれるとのことで、朝ごはんを食べた後2人で8時半に出発したのである。
ルートは89号線で館山方向に走った後、410号を16号にぶつかるまで無限に北上していくコース。410号の最初は斜度もきつく完走が危ぶまれるレベルであったが、峠を越えると後はずっと下り基調のアップダウンであったため僕と逸見君にとってはとても楽しいサイクリングとなった。最初の30キロほどは僕が前を引いたが一旦交代すると逸見君が無限に前を引いてくれたためとても楽をすることができた。ありがとう逸見君。16号は楽しそうにTDLで遊ぶ家族連れを尻目に無限に平地巡行練を行った。
逸見君とお台場付近で別れた後、20号を目指して北上したが銀座あたりで足がなくなってしまった。1人になると本当にダメダメである。惰性で家までポタリングしようかと考えていたところ、後ろからカラフルなスペシャのエアロフレームにROVALのディープリムと両側ペダリングモニターをつけた物欲の権化のようなチャリに乗ったおじさんが来たので、これ幸いと着き位置させてもらいケッパとペダリングモニターの芳しい香りを堪能した。
家で30分ほど休憩を取った後、日吉に自走して荷物を引き取る。4年生の皆さんに挨拶した後、荷物を鶴岡に送り、そのまま深夜バスに飛び乗った。これから4日間ほど鶴岡に幽閉されるので疲労を抜きつつ練習をおこなっていきたい。
1週間以上に及ぶなかなかハードな合宿であったが、多くの友達も出来、振り返ってみるととても充実したものになったと思う。お世話になった他校の皆さんに厚く御礼申し上げます。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. ですよ。

  2. 松美DAY3

  3. 練報

  4. 松美DAY2

PAGE TOP