試合結果

4/10 TRS#1
4km 5″07″883
5分フラ位で走れたらいいかと思っていたが、ペース配分等がいまいちよくわからず試行錯誤しながら走っていたら、激烈に疲れるようなイメージだったのに全くそんな事なく終わってしまった。
もっと突っ込むか、早めにペースアップをする必要があった。頑張って5分は切れるようになろう。
あとほんの少しでA基準なのでなんとなく悪くは無い気がしていたが、午後に学連のレベルの急速な上昇を目の当たりにし、情けないというかもはや途方に暮れるしかなかった。

ポイントレース 完走
私の組は世界チャンピオンとジュニア日本記録保持者がいたので3周走れれば御の字だと思っていたが、彼らはポイント周回でしか爆発しなかったので完走は出来た。
しかし、他の選手達とのスプリント力に差があり過ぎて、ポイント周回になった途端彼らにスプリントレーンを譲るしかなかった。全然もがく事が出来ない。どこの筋肉を使って、どうしたらあんな風にもがけるのか全然わからない。

どちらにせよ、休息が異常にあったせいかも知れないが、全てを終えた後も阿呆みたいに疲れたとう疲労感が無く、もっと必死になれよと自分に言いたい。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 自転車日和

  2. 30秒が辛い

  3. DURAよりXTRのローター

  4. タンデムちえみwithタG

PAGE TOP