練習報告

5/20 走行距離 60km-70km
寺までの道を再確認すべく早起きして向かったが、矢野口まで辿り着かずあえなく断念。遊園地前駅からタマサイなる道を経由して日吉へ向かった。サイコンをつけて走って分かったのは高々30km/hくらいだと思ってた普段の平地では35km/hを越えていたり、下り坂で踏まずに下れば40km/h以上はあると思っていたが実際には36、7km/hであったりと、自分が思っていたより速度に対する感覚がズレていたことであった。
午後は初めてのバンク練。途中参加+入口を見誤ったことによるタイムロスにより一時間ほどしか練習出来なかったが、初めはピストに乗るだけで怖いと考えていたが、バンクを一周し、スピードつけて何周かしているうちに楽しいとさえ思うようになった。バンクの下で走っている時、いつも通りなんとなくダンシングしようとすると、下死点でブレーキをかけている状態になっているのを感じた。ロードレーサーとの違いである。
後輪を付けるのに苦戦し、先輩方と大前選手を待たせたのち、小野一先輩に引いてもらい競輪場から横浜へ向かった。途中、車の中からおじいさんに「後ろの君は重いギアで踏みすぎ。フォームが崩れている上に、ケイデンスが60位にまでなってしまっているから軽いギアで踏むべきだ」
といった趣旨のアドバイスをされたので、帰りはそれまでの登りでも重いギアで無理やり踏んで走っていたのとは一転して、小野先輩と同じくらいのギアで、同じくらいの回転数で回して帰った。すると気のせいか楽にスピードを出せている気がしたし、いつもより早く家に着くことができた。
それなりに自転車に乗ることくらいは出来るようになった、と考えていた自分を目覚めさせるような思いがけない出来事であった。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. DURAよりXTRのローター

  2. タンデムちえみwithタG

  3. 桐蔭生あるある言いたい②

  4. 語彙力低下

PAGE TOP