練習報告

青根

大前さんに着いていくことすら許されなかった。
がっつり登ってがっつり下るのを繰り返すコースで、下る度に千切れて登りで頑張って戻ってを繰り返した。その結果、クリテで千切れる寸前の人のような足になってしまい、こときれたと考えられる。
実際、まだいけそうな感じはするのにいざ踏んでみると全く踏めないという状態だった。
まあ登りも全く余裕はなく、最後の坂は普通にびりだったのだが。

自分は左カーブの、アウトインアウトの、インするためのアウトが出来ていないから左カーブが特に曲がれないのだとわかった。
恐らく対向車線を意識しすぎた結果、人より外に膨らむことができていないのだと思う。
何とかせんとなあ

最近、G朝練の時にいた日体大の選手を参考にして下るようにしている。視線をより低くし、前に荷重する感じにしたら重心のありかが鮮明になったのに加えて視線がより自転車と一体化することに成功し、下りの恐怖心が少し消えた。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 草津

  2. 試合結果

  3. だけじゃなく

PAGE TOP