試合結果

袖ヶ浦エンデューロ
52位/202位

集団走行の恐怖心はほんの少しだけ成長が見られた。ローリング終わりのいくつかに分かれた集団ならそんなに恐怖を感じなくなった。
ただ、始めのローリングの恐怖心は相変わらず消えない。
伊豆も袖ヶ浦もローリングで集団後方にさがってしまいそこから取り返しがつかないという展開。
慣れるしかないのかな。
ただ、袖ヶ浦はレースが長いので200人くらいがまとまって走る時間が終われば自分の動きたいように動けた。
じあし的には、先頭集団以外なら自分でも十分通用するレベルだったので、集団から飛び出す人について行ったり、自分が先頭で前の集団との架け橋になったりと前に行こうと頑張った。
当然ながらこれらの行為は足を浪費してしまう。
始めから先頭で、足を使わないのがもちろん一番いいので少しずつ直していかないと。
これができるようになったら一皮剥けるんだけどなあ。一皮が厚すぎて全然剥けない。

帰りの自走で完全に足がなくなった。最近のマイブームは下り全力もがきからの登り耐え忍ぶやつ。
ギアをかけるたびに踏み直すのがいい感覚でできる。下りで57km/h~60km/h、登りで45~47km/hくらいで車とレースできるので満足。

禊という名目で多くの写真を撮影する羽目になってしまいましたが決して僕はふざけていません。ほんとに反省してます。ごめんなさい。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 24

  2. ハンバーーーーーグ

  3. バンク

  4. 卍解

PAGE TOP