試合結果

白馬2days
2日ともdnf
完走も出来ないとは…今までにない絶望感を感じた。宮本さんや崎戸さんから位置どりだと言われたが、それだけでどうにかなるとも思えないし一番難しい。
初日は自分の位置どりへの焦りと、インターバルでいっぱいいっぱいになり単独で落車してしまった。
出たくても、先頭に出れない焦りがとにかく凄い。ニュートラルで戻るも、バイクチェックを怠ってしまい、うまく入っていないホイールで走ることに。なにもかも0点だった。
2日目も序盤数周で勝負は決まってた。集団後ろで筋肉ゴリラたちの立ち上がりに耐えられらわけないので、序盤で前に出なくてはならないのは分かってるんだけど、前日ボコボコにされたばかりで気持ちが付いてこなかったのも要因かもしれない。
立ち上がりでしっかり前につきつつ、直後緩む瞬間に前に上がる必要がある。さらにそこから集団の列に割り込み、またコーナーの準備をするところまで、あの短いストレートで行わなければならない。
まずあのスピード域への慣れと余裕、単純にFTP以上のレンジの強化と、立ち上がりL7以上への耐性もつけないと。
あとはあの頭の悪そうな大学生たちへの嫌悪感と憤りをしっかりと抱きつつそれをやつらにぶつけるメンタル。これは今回得られた。草津のラストスプリントより今回の立ち上がりの方がパワー高いってどういうことや、解せない
なかなかに悔しい思いをした。その分学ぶことも多かった。暫くかかるが、ここで勝ちたい。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 草津

  2. 試合結果

  3. だけじゃなく

PAGE TOP