TT in 小山田

2020/07/11 80km 大3周

小山田にTTで行くのは如何なものかと思い、自主練申請しようとしたが、部練出席率が就職時の内定率に比例するという情報を得たので害悪プレイをかますことにきめた。

昨日、ミーティング中にポジションを弄弄した甲斐あって踏みやすいポジション(当社比)が完成していたので、往路から飛ばしてAve.35km/hを現実のものとする予定だったのだが、凶悪な向かい風と連日の課題により蓄積した疲労がそれを許さず、むしろいつもよりも遅かった。尾根幹は割と急斜面が多いのでシッティングでは苦しいところがあるが、ダンシングをしたときにハンドル周りが全てアルミなのでもたつきを感じた。学連のTTではあまり気にならないだろうが、全日本なども視野に入れるとカーボンハンドルの導入は必須かもしれない。また、今使っているエクステンションバーもあまり好きじゃないので(どちらかというとトラックで使いたい感じ)、DI2化する時にAerocoachみたいなやつを導入したい。

小山田周回は調子を確認するのには最高の場所であるが、もちろん練習できてないので普通に辛かった。ただ、TTと向かい風のおかげで下りと平坦でアドバンテージを得ることができた。また、newポジが引き脚を使いやすいが故に踏みやすいようになっていたので登りでもある程度そのままのポジションで登ることができた。TTポジションで登ることはそのポジションで高負荷をかけられるのでトラックにも活かせるだろうし続けていきたい。

ただ、ラストの病院坂は工事車両が2台あって誘導員が変な誘導をするもんだから危なっかしい走りになってしまった。免許取るときに誘導員がいいよって言っても自分の判断で安全を確認しなきゃいけないって習ったのを思い出した。これだから、合宿免許はって言われないように効果測定対策のアプリをもう一度ダウンロードして勉強しよう。

今日、尾根幹を走って思ったが車多い+信号でよく止まるのでDHを握る暇が無くほとんどブルホーンもちだった。やっぱりTTに乗っているうちは埼玉方面で練習した方がいいかも知れない。

p.s. 夏合宿がなくなっちゃったのは悲しいが、大型合宿が無い分、いつもとは違った夏休みを過ごせるだろう。また、j-pro のレースがいくつかあるのでかましてやりたい。

川野碧己

川野碧己

経済学部経済学科1年 全国獲るっきゃないっしょ!

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 練習報告

  2. 3歩

  3. 焼肉屋でいきなりカルビ食べるやつ、だいたいオタク

  4. 融けそう

PAGE TOP