僕にとって「食べる」とは

2020/11/07(日) 牧馬雛鶴大垂水

 個人的に大好きなコース。実は楽しみすぎて、昨日の夜眠れなかったほど。

 三増コンビニまでは若干の疲労は感じるものの、まあいつも通りいけるっしょと思っていた。しかし甘すぎた。牧馬はまーーったく踏めなかった。踏めないというよりも回せない感じ。ペースで登ろうと思っていたが、ズンズン落ちていくだけであった。DHがめっちゃ重いのと、単に体重がありすぎた。今は体がそういう仕様じゃない。

 そのあとは4倍ペースで、雛鶴まで。僕の4倍は290wとかいう事件が起きていたが、まあそこは軽く流しておいた。え、ロード班で一番重くねってのも流しておく。雛鶴のイメージって気持ちよくイケるしかなかったが、今日はなんだかイマイチだった。回転数が圧倒的に下がってる。あとはパワメというおもちゃが意外にも(予想通り)自分の走りを邪魔してきた。自分は「ワット数はよくわからんが、そこそこ一定のペースで垂れずに踏める」というのがウリだったのだが、サイコンみすぎて合わせすぎて上げ下げが多すぎる走りをしてしまった。多分僕が引いている時は不快だったであろう。ごめんなさい。まああんまりパワメは見ずに、家に帰ってから眺めるくらいがちょうどいいのかもしれない。

 大垂水は最後まで残れる自信と脚がなかったので、アタックかけて数分耐えてバイバイする予定だったのだが、一瞬でバイバイになってしまった。まあこういう日もあるよね。

 とまあ、こっちにきてから一番レベルで調子が悪かったのだが、原因はしっかり掴めている。多分楕円チェーンリング。いい感じに踏めてしまうので、回すというよりも踏みすぎな感じになってしまう。あとはギアを変える時の感覚があんま好きじゃなくて、インナーとアウターの変速回数がめためた減ってしまった。それですぐに疲れが来てしまったのだろう。真円に戻す予定です。でも平坦や緩斜面は、比較的効率の良いペダリングができているように感じるし、インナーなんて使うわけもないので、今週末のTTは楕円でいきます。

 あと、実は今週末のTTをすごく楽しみにしています。確実にパワーはついてきているし、自分なりのお尻を使って踏むイメージとかいろいろと出来上がってきている。ただポジションが初心者すぎるんだよなあ。とにもかくにも今週はしっかりと調整して最高の状態で望めるようにしたい。

p.s 先程体重がありすぎたと書いていたがこれにはしっかりとした理由が3つほどある。①おんたけはTTとヒルクライムどちらも踏めるように体重を合わせていたが、それが終わった今、平坦系のレースしか残っていないので無限に増量していた。体重が増えるデメリットがあまり見当たらないし、パワーは確実に上がるのでメリットが圧倒的に多い。自分は食べればすぐに太れる体質かつ胃が大きめなので非常に好都合。良いんだか悪いんだかは置いておこう。②食べることを生きがいしにしている。食べる時が一番幸せ。噛まないで飲むのがちょうどいい。アニメ一緒に見るともっと幸せ。③バイト先の可愛い美人な先輩がいっぱい食べる人が好きとか主張しだす。もちろんいっぱい食べるよね。ちなみにバイト先でいっぱい食べる人は僕しかいない、優勝。と、かなり重要な理由があるのです。ちゃんとレースに合わせて体重の増減は管理できているので、心配は無用。ちなみに昨日の夜は72.1キロ、帰宅直後は69.4キロ。僕の体の構造はおかしいのだろうか。(あと、僕の舌は意外にも繊細です、なんでも食べるわけではありません。)

・結局日記みたいなブログしか書けない

・ハンドル幅狭くしたい、今後します

・小原さん月3000kmは、得るものよりも失うものの方が多い気が

・谷口さん、マインドコントロールを自覚

・西村君増量すべき

・川野君モテすぎ

・杉岡さん、約束果たします

佐藤 岳

佐藤 岳

法学部政治学科1年 向上無限

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. National Team Pride

  2. いい眺め

  3. んぽーい

  4. お前らは飽きやすい

PAGE TOP