利根川TT〜今シーズン終了(?)〜

2020/11/13 多摩サイ往復

 途中途中2ー3分の刺激入れを4、5本ほど。Av400wとか。DHバーを一目盛り分伸ばした。

2020/11/14 調整

 バーの掴み方と、サドル高の調整。脚を回しておいた。

2020/11/15 利根川TT 18:02 25/88位

 到着も早く時間的には余裕だったはずが、試走から出走までは一瞬すぎた。もっと前々から準備できることはやっておかなきゃ。特に、ホイールが振れてるとか全く確認してなかったし、焦らないためにもっと準備を大切にします。

 アップはまず試走から。試走時の作戦としては、往路は追い風なので前半できるだけ回しつつもいつもよりは踏み込んで、後半はそれを維持するという感じ。自分は一定で踏むのが好きなので、前半からかち上げないようにってことを頭に入れながらコースのポイントを頭に入れておいた。そのあとはトイレ行って、スマートローラー10分、3本ローラー5分ほど。別に足りなかったわけではないが、もっと重いギアで踏んでおくべきだったかもしれないとは思った。

 スタート。最初の2分ほどがとにかく慌ただしかった。まずサイコンのボタンが押せてなかったため表示がされない、目をガンガンに見開き過ぎてコンタクト外れる、ギアを重めでスタートしてしまうなどなど。ギアって上げる分にはいいが、スタート直後に下げるってことはあまりしないわけで(なんかテンション下がる)、スタート時の設定はもう少し考えるべきだった。そんなこんなでフォームも崩れるし、一定で踏みたいところを上げ下げしてしまった。とにかくバタバタという感じ。まあそのあとは仕切り直せて折り返しまでは良い感じでいけた。問題は復路。早く終えたいという気持ちが勝り過ぎて、残りの距離表示にいちいち萎えてた。そのせいで、スピードの上げ下げも多過ぎた。あとは風と斜度の変化を読みきれなかった。TTバイクなのでギアをあまり変えようとしなかったのも良くなかったかもしれない。総じておんたけよりも焦って走り過ぎたし、とにかく無駄な動きが多過ぎた。反省。

 とまあ反省の多いレースだったし、上位との差を感じたレースだったが、これで今シーズンの公式戦は終了。もう来年のことを考え始めなければならない。山形の冬しか経験していないので、普段なら全く乗らない時期とか、追い込まない時期が続く(普通にバカだったな今考えると)が、今年からはそういうわけにはいかないし、冬で来シーズンの結果が決まってくると言っても過言ではない。来年の自分がどうありたいのかを常に意識しながら練習をしていこう。

 あと、直さん昇格本当におめでとうございます。個人的にとても嬉しいです。夏休みの間、毎日一緒に練習に行く中で、直さんが強くなっているのはヒシヒシと感じていたし、競技を始めてから約一年半でここまで強くなれると考えると、いかに練習を頑張れるかだなと改めて感じさせられました。今回の昇格でクラス2は8人になり、チーム内での競争も激しくなると思います。切磋琢磨して頑張りたいです。頑張りましょう。

 最後になりますが、宇佐美監督、わざわざサポートに来てくださった先輩方、マネージャーの皆さんありがとうございました。あと加田さんお写真ありがとうございます。またコロナ禍にも関わらずレースを開催してくださった学連の方々にも感謝です。また来シーズン頑張ります。

佐藤 岳

佐藤 岳

法学部政治学科1年 向上無限

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 練習報告

  2. 彼女欲しいレーシング

  3. 自分の予定、部に共有してもいいと思ってるヤツ

  4. 永遠の課題〜不労所得を求めて〜

PAGE TOP