命、削れてます

大磯まで自走with腰痛さん

特に上げたりもせず淡々とペースで走った。岳の腰が本当に痛そうだった。三連休の渋滞を見越して早めに出たが昼食を食べられず。

大磯クリテリウム エキスパート2位

序盤から動けて、ラスト3周あたりで逃げてみたりもした。

動けたが、心拍数がやばかった。こんな心拍数はLamp Testの足が止まる前ぐらいしか出したことがないので、サイコンを見ながらびびっていた。昼食を食べなかったことと関係があったりするのだろうか?ちなみに胸のあたりはキツかったが足はそんなにだった気がする。

位置取りに関しては人が少ないのもあって簡単で、最後吸収された時もちゃんと3番手で最終コーナーを曲がれた。スプリントは、前のK越工業の選手を捲れなかった。逃げて勝つかスプリントで勝つかどっちつかずのまま走ってしまったことが敗因だと思う。トレーニングレースでこれじゃ、目標としているレースでも思い切って走れないよね。ということで西村、動きます。

コーナリングもまだまだ甘いし、スプリントも下手っぴだった。適切なギアを適切な回転数で回せるように普段からスプリントは練習していきたい。あと平地のスプリントになるとどうしてもシッティングで回してしまう。ダンシングで一気に捲れるようにしたい。

帰りは小原さんに送って貰った。久しぶりにあの重低音を聞いた。ありがとうございました。

今回来てくれた方々、ありがとうございました。

p.s.もしかしたらこれが本来の心拍数で、普段の練習では全く追い込めていないのかもしれない。それだったら怖すぎるけど。

西村行生

西村行生

経済学部経済学科1年

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 永遠の課題〜不労所得を求めて〜

  2. 身体が言うことを聞かない

  3. 練習報告

  4. 写真撮影、邪魔されるの巻

PAGE TOP