大磯クリテリウム#3

お初のエリート。

完走できてビックリ、ポイント獲得できてビックリの石井です。


「リザルトとデータ」

まずはリザルト。

14位/42人 

悪くないし、初めて&ベストコンディションでないにしては上出来。

(1ポイント獲得しただけだけど)(心の中は大満足)

ちなみに今のFTPは303wもない。

以下シクロスフィアより

39:50 Ave.248w NP258

11月の大磯の方が全ての値において高いです。11月の大磯は余裕があっての数値です。明らかな弱体化です。

加えてわかることは明らかにクリテはFTPゲーではないですね。完走することだけを意識する分には。ただFTP高ければもっと余裕を持っていろんなことできるよね。

カテゴリーが上になればなるほどレベルは高くなるし、距離は長くなるし、サバイバルな展開になる。そこで生き残るためにはある程度のFTPは必要だな。

そして”勝つ”にはスプリント力ですね。自明ですが。


「今回の機材」

自転車:allez sprint

ホイール:roval clx32

タイヤ:IRC formula pro RBCC 25c 気圧前後共に5.5ber

ポイント:クリテにはあれすぷです。何より落車しないことが大切だったので、後輪タイヤは新調。結果としてグリップはよく、安心してコーナーに挑めた。

rovalはハイト低すぎだが、よく回ってくれるので採用。

p.s. こんなこと書くのもいいんじゃないと思って書いてみました。タイヤって大事よ。


「展開と意識したこと」

展開は動画を見てください。(全部書くと超長文)

最後は金魚のフン状態でした。さすがに限界を迎えていた。

意識したこと↓

・基本集団前方にいること

・常に右側で走ること

・名のある選手の後ろでコーナーを曲がる

・あまり動かず、基本的に温存→逃げにのるタイミングを伺う

ぐらいですかね。初めてのエリートかつ有名選手ばっかりということでエキスパの時のように自ら動くことはしない。今の自分ができることはタイミングよく逃げに乗ることだけ(逃げ集団で千切れたけど)。

集団前方に足を使わず残る技術はだいぶ高くなってきたと思う。

スリップストリームでほぼ踏まなくても勢いよく進むときは、一気に大外から位置あげた。コーナーは一列になるので位置が固定されやすいからコーナー前で位置を上げることは強く意識した。コーナーの立ち上がりは上手い人の後ろについていけば綺麗に立ち上がるのでインターバルがかかりにくい。

狭いところをぬるぬると上がるのは学連で慣れた。恐怖心より集中力が勝ってる。

常に右側走る必要性はいつも言ってるから言わんわ。強ければ関係ないのかもしれんが。

まぁ練習できてない雑魚状態でどうにかなったのでレース運びは上手くなってきたのかなーって印象。

一昨年、昨年にあった、全然練習してない纐纈がレースになるといい結果残す現象の理由が分かった気がする。


「総評」

とりあえず、レース楽しかったです。エリートの達成感は格別です。やっぱりレースしてる時が最高に”生きてる”って感じがする。日常ではありえない集中力が発揮されて感覚が研ぎ澄まされる感じです。

次もエリートで出たいなと思いました。

逃げからちぎれる私
平塚コーナー好きなんですよね。コーンギリギリを曲がる感じが。
佐々木写真&サポートありがとう。

p.s. 危ない走りしてたらゴメンなさい。

宇佐美監督夫妻、わざわざ来ていただきありがとうございました。

石井 悠太郎

石井 悠太郎

文学部西洋史学専攻3年 主将 「朕はチャリ部なり」

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. Windy DAY

  2. KAZETUEE

  3. 練習報告

  4. 天気はいうことをきかない

PAGE TOP