決めきれねえ

国体予選

200FTT→11.087(3rd)

1kmTT→1’08″897(2nd)

スプリント(2nd)

200FTTは美鈴湖での反省を活かし、上バンをあげる意識。残り1周前の3コーナーから割とダンシングを使って加速した。今回ダンシングを多用してみたが、ギアをかけてると踏むの大変だから体重で進ませられるダンシングを多用したのは良かった。結果として上バンぼっこぼこ、やや向かい風の小田原という良くない条件で美鈴湖と同じくらいのタイムが出た。しかし神奈川県を引っ張る短距離勢には負けてたし、奴らは普通に10秒台出してきてるので私も出したかった。

1kmTTは1番時計のやつがマルハンだったんでこら勝てるやろおもて卍しのDH出走をしたが悲しいかな0.01秒差での敗北。シングル出てたのは俺とそいつだけだったのでタイムあんまり出ない条件下でこのタイムならって感じだが、この僅かな差の敗北は結構堪える。1/1000秒を争う自転車競技でタイムを削るための努力にやりすぎという言葉は存在しない。現状のポジションもまた改善の余地がないか探る。いやー悔しい

スプリントは1/2で捲る時イン攻めすぎって注意された。スプリンターレーン外側のラインくらいで走ってたらしい。多賀谷と練習する時とかはあいつが張れるから攻めることが多くなってた気がする。気をつけよ。

決勝は完敗。1回戦は残り1周でかけたが残り半周であっちゅーまに抜かれ。2回戦は仕掛けられて付くことはできたものの、速すぎて外に並びにいこうとすると風エグくて最後まで後ろにいるだけだった。52-13があんなに回りきるとは思わなかった。上がりタイムが俺の予選タイムより速いとかいう事案。

タイムは安定して出せるようになってきたが、まだまだ成長が必要なタイムなのに成長曲線が落ち着いてきてしまってる気がする。とりあえず個人戦までは持久系を練習しつつ、昨日書いてるが最高速を上げることに注力していきたい。

p.s.1km終わった後寺崎先生から「杉岡っていっつも最後決めきれねんだよな」って言われてしまった。「ちょ!俺気にしてんすからやめてくださいよ!」と返したら「自分でもわかってた?笑」って言われて顔は笑ってたが心は泣いた。手厳しい意見をくれたことに感謝。これをバネにして頑張ろうと思う。

p.s.国体出るための爪痕は結構残せた?7月頭の第2回でも結果出せば念願の国体に出れると思う。国際トラック蹴ったんだからこっちで良い結果を。

p.s.神奈川県車連がやっぱり好き。周回練では慶應、明治、中央、鹿屋、法政、立教、明星、ラバネロのラインが組まれてて神奈川県も充実したなと思った。楽しかったぁ

杉岡巧真

杉岡巧真

多くは語らない。背中で語る、それが漢。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. ですよ。

  2. 松美DAY3

  3. 練報

  4. 松美DAY2

PAGE TOP