西日本クラシック【DNF】

チームの作戦としては、後手を踏まないように全員でチャレンジするというものだったが、かなりの暑さだったため、後半勝負になる事も考えて僕は大きな逃げ以外には反応しないように後方待機というオーダー変更となった。

スタート後のアタック合戦の末、香山選手を含む4人の逃げが先行。これが決まるのはすぐにわかったが、追走の動きにもう1人乗れるよう集団前方に位置する。そこで井上選手が数名の選手とともにブリッジしてくれて弱虫ペダルとしては理想的な展開に持ち込むことができた。

その後はメイン集団は組織力のあるチームが全て逃げに乗せたため、誰が引くの状態に。中盤でエンシェアが一周程度牽引していたが、すぐに崩壊してそれがブリッジを目論む新たなアタック合戦の引き金となった。

そこで弱虫ペダルからは位置的に僕しか対応できない時間が続く。だが愛3シマノマトリックスを含む追走を無視する訳にはいかなくてゴッソリ脚を持っていかれた。それでも最終的には入部選手が追走に乗ることができ、チームとしては完璧な状態。万が一、前が崩壊するなどしてまとまった場合に備えて脚を貯め、満を持して卍師こと大前先輩率いる愛三をスプリントでねじ伏せようとしたが、ほぼ出し切った脚は回復する事なく暑さも相まって徐々に集団についていくのが厳しくなりドロップした。そしてその次の週でタイムアウト。

今回の失敗は主に2つ。

1つ目はワクチン接種の副作用でコンディショニングをミスってしまったこと。これは日程的に仕方が無いことではあるが、刺激が足りなかった事に加えて運動量の減少に食事量も合わせて抑えることができず、身体が重くなってしまった。次はインカレの2週間前なので上手く前後でスケジュールを調整して練習不足などにならないようにしたい。

もう一つはただ単に力不足だった。群馬や相模原のような3分程度までの緩い登りは対応できたが、広島のような斜度がきつくかつそれが長く続くコースでは通用しないと感じた。もっと脂肪を落としてさらにパワーをつける必要があるなぁと。

でもまだまだシーズンは続くし伸び代はあるので焦らずに。今の時点で十分過ぎるほどに大成功のシーズンなので、それをもうちょっぴり良いシーズンにしてやるかって感じで。今後については大前さんとも相談できてインカレまでの道筋も建てられた。しかし、僕はまだ気が付いていなかった。インカレ後に迫る後半戦の存在に。いやこのまま気が付かないでいよう。なるようになるさ笑笑。

それにしても沢山のレースを走らせてもらっていっぱい挑戦していっぱい失敗していっぱい成長させてもらってるこの環境が本当にありがたいと思う。失敗してもすぐ次がある。失敗ばっかりじゃなくて成功もしたいけど。

とりあえず、来週の石川クリテを軽く勝って良いイメージでシーズン前半を終え、インカレへと繋ぎたいと思う。

チームの雰囲気は良いし、あと少しでチームランキングで愛三を超えられそう。その意味でも来週のクリテを頑張ってチームに貢献したい。

p.s. チームメートが活躍すると嬉しい。でも、それと同じくらいそこで走れていない自分が悔しい。

川野碧己

川野碧己

経済学部3年  常に全力

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. れほ

  2. 2days 木祖村

  3. れんほ

  4. 練習報告

PAGE TOP