山形県総体


2021/07/11 山形県総体ロード 2

 集団スプリント2

 ローラーを持ち合わせていなかったので、実走アップ。あんまり心拍が上がらず、そんなに調子は良くないなという感じだった。

 コースは平坦だが、往路は緩い下り、復路は緩い登りという感じ。それを20周回。とりあえず3周は様子を見たが、誰も動く気配がなかったので、ペースアップをしてみたり。雰囲気としては、自分が抜けようとした時は、しっかりと追われて逃げを許されず、他の人のアタックは少し泳がせて吸収するという感じ。優勝候補のTさんは、集団後方で息を潜め続けていた。てな感じで、めちゃくちゃ走りにくかった。

 7周回()完了時くらいから、IRCの色川さんと仲良くおしゃべり。2回あるターンで自分と色川さんで分担してインターバルをかけて人数を絞りつつ、みんなの脚を削って、抜けれたら抜けようということに。それを34周続けた。だが、みんなの脚が減るより先に、自分達の脚が減りそうだねとなったので、途中で終了。60kmの短いレースだったので、あまり効果的ではない作戦だったのかもしれない。もっと長い距離になった時に使えるのかなって思った(まあ人数は減ったので、無駄ではなかった)

 そんなこんなでスプリントゴールの匂いがし始める。散発的なアタックは起こるものの、僕はそれには全く反応せずに最後に脚を取っておいた。

 ラスト半周からは、ずっと先頭にいようと決めていた。もちろんほとんどの人間が25番手で折り返したいはずなので、誰も先頭に出てこなくて走りやすかった。

 ターンで1番手で折り返すあえてそんなに踏まないその遅さに耐えきれぬ人間が早掛けするそれに乗っかる最後まで連れていってもらって、最後に捲るという想定だった。

 かなり想定通りに事が進み、高校生が勝手に速度を上げて、発射台になってくれた。左脇からライジングサン大学が捲りにきたので、それにまたつき直して捲った。と思ったが、捲れていなかった。ゴール位置が思った以上に近く、トップスピードに乗せることが全くできなかった。てなわけで2位。やらかした。

 全体的にはダメダメ。レースを作りにきたのに、脚を見せつけるような走りをしたかったのに、なんにもできなかった。たった60kmのレースですら動き回れず、最後は脚重だったのでまだまだ練習不足という事であろう。あと1ヶ月後のインカレに向けて、もう一度頑張りなおさなければ、結果は目に見えている。頑張る。

ps.(今日の結果は全く関係なく)国体ロードには出られないらしい。実力的に妥当なメンバー外ではあるが、インカレで成績を残せれば可能性がないわけでもないので、まだ諦めず頑張りたいと思う。ちなみに、トラックは団抜きと1kmTT。インカレが終わったら、慶應で一番1kmが速い男になりたいと思います。

そろそろブログリレー書きたいと思います。練習ブログで満足する自分がいてしまうのです

佐藤 岳

佐藤 岳

法学部政治学科3年 向上無限

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. メンタル

  2. レベル高い

  3. れんぽう・落車

  4. 5/7-8 東日本

PAGE TOP