試合結果報告

どちらのレースもdnfという結果で終わった。非常に不甲斐ない結果、めちゃくちゃ弱いんだなということ久々に身をもって痛感した。この経験をただの悔しい感情で終わらせるだけでなく、次に生かさなければならない。

day1 4周終わったところでdnf。スタート位置は前から二番目ぐらいでいい場所でスタートしたのに、1周目が終わる時には集団の後方にいた。毎回のコーナーで位置を落としてしまっている。コーナーを入るスピードはみんなと同じだけど、出るスピードが自分は遅いと感じた。そのせいでコーナー後にみんなよりも1.5倍ぐらい踏んでしまっている気がする。コーナーの出口でスピードが落ちるのは、コーナーの途中で車体を傾けた側のペダルが地面につかないかということを気にしすぎているからだと思う。他の選手は足を回し始める段階でも自分は止めたままになっている。どの角度で足が下にあったら地面についてしまうのかということを事前に把握するのと、練習以外に家の前なので八の字の練習をしていきます。

2周目の前半で15mぐらい前方で落車が発生した。かなりスピードが出ていたので、自分も完全にかわすことができず、倒れているホイールとボトルに当たりながらも、落車を回避することができた。(この2日間で唯一のグッドプレイ)ここで集団と差がついてしまってちぎれてしまった。あのぐらいの集団との差なら追いつかなければダメだと動画を見て思った。

day2 おそらく6周でdnf

ポイントじゃないから昨日よりペースが落ちるだろうと思ったが、普通に速かった。前日と同様とにかくコーナーがうんちすぎた。前半から集団が結構一列になって走っていたわけだが、自分は先頭集団と後方集団の間を一人で走っていて、確実に無駄足使ってるなーという感じだった。気がついたらdnfになっていた。

サポートをしてくださったマネージャーの皆さんありがとうございました。いつも完璧なサポートをしてくださっているのに、しょうもないレースばかりで申し訳ないです。

インカレまで残り1ヶ月となった。他の部員とは違い、自分の場合レースまでに調子を上げていくのと同時に、もう何段階か強くなる必要がある。夏の練習では距離と強度の両方が稼げるので、短期間で強くなることが可能だと自分は思っている(もちろんむやみに練習するのはダメだが)。当たり前のことだが、毎回の練習で強くなるという強い意志をもって練習にのぞむことと、練習以外での食事や体のケアをしっかりと行って、1日1日を大切に過ごしていく。それから、今回のレースでこのようなひどい結果だったにも関わらず、現段階での出走メンバーに選んでいただいた。こういうことを文章で書くのは好きではないが、走りたくても走れないという悔しい思いをした部員の方がいる中で、自分には責任をもって取り組む義務がある。自分に与えていただいた環境に感謝しながら日々の活動に取り組んでまいります。

吉田直

吉田直

商学部3年 名前の通りどこまでも真っ直ぐ走り続けます!

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. オリンピック観戦記

  2. 二輪と五輪

  3. Gorin

  4. 練習報告

PAGE TOP