①インカレ4kmIP

2021/08/13 インカレトラック4kmIP

 6時起床、7時発、8:40頃から150wくらいでローラー、上に上がって30分いつものアップ。10:20頃出走。

4kmIP(55-14) 4.36.002 7

 ホーム側のスタートミス、スタートし直しに。集中を切らさずに、なんなら気合を入れ直して再スタートできたと思う。最初は自分がミスったかと思って、ちらっと失格(春に経験済み)が見えかけたが、全然大丈夫だった。でもやっぱりスタートは苦手。コンマ何秒を争う競技であのスタートはダメ。発送機の練習はなかなかできないので、多くの大会に出て慣れるしかない。

 2回目のスタートは成立し、1周目。ぬるりとスピードを上げて乗せて落ち着くまでの流れは完璧。1周目は28.22周目も21.0で本当に予定通りだった。その後も21.622.2、と綺麗に回れた。自分の中では、2周目以降の11周ラップの平均が22.5になるように設定していて、実際に宇佐美さんラップで計算すると22.500だった。全て予定通りに走れたという感じ。変に緊張もしていなかったし、かといって緩み切っていたわけでもなく、うまく調整できた結果だと思う。

 正直、34秒を切ったら表彰台も見えてくるかなと思い前日から密かにワクワクしていた。でも実際には36秒フラで、34秒には後2秒足りなかった。そして表彰台にはあと6秒、さらにいえば優勝には8秒も足りなかった。単純に考えると2kmから4kmのラップを約1秒ほど上げなければならず、今の自分には到底できないと思った。21秒台で回るということは、団抜きのギア(4)を掛けなければならないということ。そして今の自分の脚では12周そのギアで耐え切れることはできないような気がする。でもこれはできない気がするだけで、やってみたら意外とできるのかもしれないとも思う。

 この気がするだけで、試せていないことが今年は多かった気がする。IPは今年の冬くらいからインカレ出場を目指し始めたので、実質半年ほどしか練習をできていない。そしてトラックに行っても基本的には団抜きの練習しかできていなかったと思う。今年の練習でIPを測ったのは一回だけだし(スタン20006回くらい?)、まだまだまだまだまだまだ煮詰められていなかったと思う。始めた頃はここまでタイムが伸びるとも思っていなかったし、あくまで団抜きの延長線上にある種目だとばかり思っていたが、単純に走っていて楽しいし、この種目を今後も突き詰めていきたいなと思った。だから来年の目標は、「30秒切り、優勝争い」に大きく引き上げたいと思う。できなくはないし、できるとも思っている。がんばりマス。

平田、タイム読みありがとう。

ps.②に続く。

佐藤 岳

佐藤 岳

法学部政治学科3年 向上無限

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. れほ

  2. 2days 木祖村

  3. れんほ

  4. 練習報告

PAGE TOP