個人ロード

9/19 全日本学生選手権個人ロード@群サイ

先日に苗場に泊まって、朝はうどんを大量に食べた。さかえやに行けなかったのが心残り。

アップは特にせず試走の2周で済ませて集団真ん中くらいでスタート。ローリングで位置を上げようと思っていたらインカレとは違ってフィニッシュラインでアクチュアルスタート。心臓破りで若干位置を上げつつ序盤は5~10列目くらいの位置で走っていた。逃げがすぐにできて、集団はゆったりペースに。前で順天がコントロールしていて、集団も逃げを泳がせる雰囲気だったので集団の真ん中くらいで過ごした。

有力勢が前に上がってきたら自分も上がろうと決めていて、その通りに動けて自分もペースアップに加われた。そして一気に逃げを吸収して、心臓破りでちょこちょこアタックがある感じ。残り7周?の心臓破りでアタックが決まって、そこに何人かがブリッヂをかけて結果的に勝ち逃げになった。自分も反応できる位置にいたのだが、どうせ捕まるやろという気持ちと、脚の余裕の無さで見送ってしまった。最初は逃げとのギャップは30秒くらいでキープしていたが、追走が出来たぐらいで一気に集団がペースダウンしてしまってもう前の逃げ切りが確定してしまった。落ちてきたぺースを自分から上げようとしてみたけど、引こうとする人がいない&逃げの味方がチェックしてくるなどで全然無理だった。

その後集団はゆっくりめに進んで、自分は最後の補給で無事にコーラをゲットした。しかし、ラスト3周でまた脚がつりそうになる。心臓破りでアタックが掛かったら足つって終わるなあと思ったので、ラスト2周の心臓破りは自分で400wくらいでペーシングしてなるべくアタックされないように、アタックに大人数が反応しないようにした。これは運良く成功。

最後の心臓破りでベースが上がるのはしょうがないので、後ろに取り残されないように前で入ったが頂上でまた吊りそうになり、前と少し空いてしまう。下りで追いついて集団スプリントになった。右側の3番手ぐらいにいて、右側から捲ろうと思っていたが真横に他の選手に入られてしまって、ゴール前で思いっきり詰まった。最後はゴール直前で垂れてる選手をチョイ刺しして集団4着だった。人数が多いと前だけじゃなくて全体の流れを把握しないと思うようにスプリントできなくて難しい。圧倒的スプリント力があれば先行すればいいのだが。

追走は捕まっていると勘違いしていてゴールスプリントで上に入れば入賞と思っていたけど違った。心臓破りでもっと情報を聞けばよかった。

選手層はインカレより薄いってのはあるけど、インカレよりいい結果だったのは良かった。しれっと全国大会のロードでは自己ベだった。でも、逃げが決まってペースの上がらない集団で何も出来ずにいるのは悔しかった。

あとからパワーデータを見ると数値的に余裕はあるのだが、実際には後半のキレが全くなかったのでどうにかしていきたい。3時間超えてからちゃんと動けないと自力では入賞出来ないなとおもった。

サポート、役員の皆さんありがとうございました。

纐纈さんの運転するwishに乗るのはこれで最後だったかもしれません。ありがとうございました。

p.s. ケガなく、モチベーション高く全日本まで頑張って、思いっきりオフ。

西村行生

西村行生

経済学部経済学科2年

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 慎重に。

  2. 10/14吉田尚、コーラを飲む

  3. やっぱり自転車好きぃいえ

PAGE TOP