Ride-life balance

2021/12/08

1日中、身体が重くてオフを前借り。火曜日にローラーからのウエイトからのバイトを終電まで詰め込んでしまったのが良くなかった。今のバイトは学びが多くてやっていて楽しいのだけど、これが続くようなら考えないといけない。

2021/12/09

昨日、オフにしたのにまだ疲労を引きずっていて朝はぐだぐだと。ここ最近、身体も心も疲れていて重い気持ちだったが、誰も居なくなった家で音楽を浴びていたら元気が出てきた。ありがとう、藤井風さん。

今日は昨日できなかった10min SSTを4本。寒くて外に出るのが億劫でローラーで済ませようかとも考えたが、心のモヤモヤを解消したくて外に出ることに決めた。

玄関を出た途端、パリッとした寒さがすでに心地よい。一人でメニューやる時は荒サイと決めているので、アップがてら彩湖までゆっくりと。基本的に住宅街を走るのはスタートアンドストップが多くて嫌いなのだけど、必然的にダンシングをする事が多くなるから上半身の筋肉の使い方を覚える良い機会だと思って。

ウエイトをして筋肉をつけてパワーを出せるようになっても速さに繋がっていなければ意味がない。パワーがあるのとキレがあるのは違う。かわの的にはぐうおおおおおっていうスプリントよりもシュパーーーンッみたいなスプリント(伝われ)を目指したいのでウエイトをやる時も初期動作のキレを意識していく。

SSTは300w 100rpmで5mim recovery。ウエイトをしているからか以前よりも上半身が安定して平坦でもしっかりとパワーを伝えられているのを感じた。一本目は苦しかったけど、本数を重ねるごとに身体が慣れてきて主観的強度も下がっていったのは良かった。

4本やったあと、30minのeasy spin(230w 100rpm)で終了。ほぼ邪魔される事なくメニューを完遂できる素晴らしい環境に感謝。

帰路では2回ほどスプリントを行い、そのいずれにおいても1400wを超えた。疲労している状態でも安定して20倍が出せてきてる。でも、相変わらず伸びが無いのが課題。もしかしたら体幹が安定してきて最初から100%で踏めているために、後半垂れているのかもしれない。加速のキレも大切にしたいが、後方から捲るパターンの多い自分には後半の伸びも大切。回転数が低くトルクが大きくなりがちな初めの3歩で力を使いすぎない事が後半の伸びに影響しそう。トルクが大きいとタイヤが浮いたりして力も無駄になりがちだしね。体重移動だけでバイクを進める技を上手くスプリントに落とし込めば、無駄なく最小限の力で初加速を行えると思うので明日から少し意識してみたい。

あとはホイールが良くたわんで良くない踏み方になってる気がするのでカーボンにしよう。DTSWISSを使えるのもあと少し。

川野碧己

川野碧己

経済学部3年  常に全力

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. きぇぇ

  2. 5月の終わり

  3. 練習報告

  4. リリリリリリスタート

PAGE TOP