大分合宿day5

6:50に起床して7時からYouTubeを聴きながら30分散歩して7:30から朝食。

レンブラントホテルの朝食はビュッフェ。ビュッフェだとついつい取りすぎてしまういつもの反省を活かして最初は抑えて足りなければ追加していくスタイル。

スターティングメンバーに選出されたのは大分名物?のとりめし、たくあん、塩サバ、オムレツ、フレンチトースト、野菜ジュース。

やはり大分で食べるとりめしは美味しい。作り方を知りたい。サバに含まれる脂肪酸は筋肉痛を和らげたり、脂質の代謝を促してくれるらしい。でも、素でサバって美味しいよね。最近は、最後の晩餐にサバ味噌定食か塩サバ定食のどちらを選ぼうか迷っている。

あとからフルーツとシリアルを追加。練習開始までゆとりがあると朝食をしっかり取れるのも良い。

今日の練習は今合宿1番きついメニューで20mim✖️3と1時間の高速ローテ。

20minの一本目は抑えめで317w。昨日交換したショートノーズのサドルが結構良くて登りやすい。

2本目は谷選手を追いかけて走っていたらなんとなく20mimのPBが出そうな気がして追い込み、FTP更新。12日前の計測から+3w。合宿5日目かつ、20minSSTを一本行った後の測定である事を考えるともう少し出せそう。

それなのに谷選手はもっと前を走っていてしかも3本目は2本目より20wもあげてたなんて😇 常に上がいる環境というのは成長するのに最高だ。本当にありがたい。

プロのレースで集団の金魚のウンチになるのではなくて、集団を牽引できるような選手になるべくもっとFTPを向上させなくては。

でも、ここ数ヶ月で成長率としては悪くないので、やっている事は間違っていないのだと思う。ベルギー遠征後に少しだけ食事制限を行えば、レシオは向上するだろう。

スピードスケートで大活躍の高木選手がコーチに「同じ人間がやっている事をどうして自分もできると思わない」と言われて心に響いたと話していた。確かに。宇宙人とは言われているマチューやワウトもおそらく人間。日本人はそんなに人間として劣っているだろうか?否、むしろ殆どの欧米諸国よりも日本の獲得メダル数は多い。つまり彼らに出来ることは私たちにも出来る。こんな低いレベルでセルフリミッターかけている場合じゃない。セルフリミッターをかけるのは彼らを超えてからにしよう。

wahooのローラー台も貸していただいたので、上手く活用して継続的に成長して行くぞ〜。

3本目は残りカスで指定パワーの下限で登った。サドルがずり落ちてしまったので膝を壊さないように気をつけつつ。

その後、補給をして1時間のアベレージ練。1番強い選手の9割のペースで先頭15-60秒。

上の獲得標高を見て貰えばわかると思うけど、ローテを回した後の登坂がしんどかった。でも、非常にレースっぽい。初見のコースだったのであまりスピードを出せなかったけど、こういう練習ができるのも周りに強い選手がいてくれるから。

写真で見ると全然エアロポジションじゃない

練習終わりに神宮に向けてインターバルを追加。

30-30×8

633、602、583、536、578、577、597

あれ、8回やったつもりが7回だった。まぁいいや。普通に脚が疲れていて踏めず、心拍も全然あげられなかった。疲労困憊の中、頑張ったのに失敗した感じなのは嫌なので疲労抵抗生のためのトレーニングだったという事にする。これでレース終盤でもアタックできるようになりました。獲得標高3000mの練習終わりに良く頑張りました💯

今日の夕食も専用の部屋を用意していただいてビュッフェ形式。ドレッシングが全てノンオイルなのも嬉しい。

今日は頑張ったからとたらふくいただいた。TSSも300オーバーとハードな1日になったが、この疲労から回復した先には確実に成長を感じられるはず。今日もしっかり寝ます!

川野碧己

川野碧己

経済学部3年  常に全力

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 全日本学生選手権クリテリウム

  2. きぇぇ

  3. 5月の終わり

  4. 練習報告

PAGE TOP