木曽村Day2&顎

2022/05/15 木曽村Day2 落車DNF

脚の重さは若干気になったが、動きすぎず昨日のように走れば完走はできるかなというテンションで出走。ステージレースなので、完走しなければ意味がないという前提もあった。あとは、表彰台まで30秒差だったので、終盤に大きな動きがありそうであれば、しっかり動こうという風に考えていた。

1日目よりはローリング時の位置は下げすぎなかった。途中、西村が上がっててスイスイと行ってしまい、うま〜いとなったが、そのあとその2列後ろくらいに入れたので耐えだった。ただ問題はそのあとで、23周目でずるずると位置を下げてしまい、また前日と同じ3/4くらいの位置になってしまった。そんでそうこうしているうちに、結局落車した。顎から突っ込んだので、めちゃめちゃ血が出て、気づいて起き上がった時にはジャージが真っ赤っかになっていた、DNF

ここからは怪我の状態について。

まずは木曽村の病院で、傷口をゴシゴシ洗って泥を掻き出してもらった。想像以上に傷が深かったので麻酔を15回くらいやった。痛かった。

次の日、月曜朝イチでもう一回傷口を開き、またゴシゴシ洗ってもらい本縫い。抜糸は来週月曜日らしい。顎的には日曜日のレースには出てもいいらしい。ただ、個人的には右手の腫れが引かずそれが痛い。

とりあえず自転車は直しに行ったので、あとは体が治るかどうか。

2日間帯同してくださった、宇佐美監督、マネのお2人ありがとうございました。特に2日目は、選手の皆さんにも迷惑をおかけしました。ありがとうございました。早く治します。六川は帰りも運転させてしまい申し訳ない。

佐藤 岳

佐藤 岳

法学部政治学科3年 向上無限

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. びゅん

  2. 亜ティティ

  3. れほ

  4. 水分が足りない。

PAGE TOP