試合報告

9/23.24 JBCF群馬e2

day1 9laps 5th

苦手なパワーの出し方をしなければいけないコースだと思ったので、トレーニングのつもりで最初からガンガン動いていこうと思った。

1周目からペースあげて、3周目でみんな少し疲れてきたところで何度かアタックしたら1人ついてきてくれて、そこから更に追走がきて6人逃げになり1人ドロップして5人で最後まで。序盤に動いてキツい時にアタックかけて逃げが決まったので全然休まらず終始辛いしみんな上り速いしでFTPの低さを感じてた。あと、雨の下りでビビりまくってた。

最後の周回のアタックも耐えていたけど、優勝した選手のアタックが思ったより長くてちぎれ、後ろから抜かされつつゴール。

あんまり休めないという自分にとっては苦手な展開にあえてチャレンジしたがいい経験になった。勝てなかったけど、自分でレース展開を決めることが出来たのは良かった。

この日は表彰式の時間を把握しておらず、出席できなかった。、反省。

day2 12laps 2nd

前日とは逆で、勝てる展開を掴むことを意識した。

逃げはつくらず、力を使うのは後ろがキツくなるペースアップ程度にとどめてスプリントに持っていきたかった。

動いてくるのは前日一緒に逃げた選手やエカーズの選手だった。有力そうな動きは自分でチェックするか集団のペースを上げて、30秒以上の差がついた逃げはひとつもなかったはず。脚のある選手が行っても自分がチェックして回らなければ逃げは決まらないと思ってそうした。慶應小林選手は最後らへんまで自分と同じくらいの位置にいたし、下りはちゃんと先頭付近で入っていた。

最後の最後で1人行かせてしまったのを最初は把握しておらず、知らない選手だったので捕まるだろうと思っていたが最後まで逃げ切られてしまったので強かった。

ちょこちょこ最後の登りでアタックがかかるがいい感じにペーシングして牽制させずに吸収してスプリントに持ち込むことはできた。スプリントになったら確実に最後の直線で前にいないと勝てないので前列死守でスプリント開始。意外と余裕持ちつつ2位争いの先頭は取れたのでスプリントの自信は少しついた。

サポート、撮影などありがとうございました。松田さんも引退して平田も忙しくなると思うので、後輩マネージャーには引き続き素晴らしいサポートをよろしくお願いします。

3週間ほぼ練習していない割には及第点な気がするけど、自分の性格的に?レース後に言い訳できちゃう状況を作ってしまうのは嫌で、やるからには(自分視点では)しっかり準備して走りたいという気持ちがある。でも、時間も限られているし狙ったレースでしっかり結果を出せる努力をしていこうと思っている。

p.s. 部室のジュース2本目取っていいですか?

西村行生

西村行生

経済学部経済学科3年

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 第55回早慶自転車競技定期戦〜念願の優勝〜

  2. 来年も勝ちたい!

  3. 慶早戦

  4. Lose yourself(早慶戦)

PAGE TOP