勝った

12/4 早慶戦@境川バンク

まず、このような厳しい状況にもかかわらず大会が開催されたことに感謝したい。そして、ひとつも怪我なく安全にこの早慶戦を終えることが出来てよかった。

そして、ついについについに早稲田大学に勝てた。21年ぶりだそう。自分たちはもちろん、宇佐美さんやOBの方など、関係者の方々がとても喜んでくれているのが嬉しかった。

神宮よりも”チームで掴み取った”感が強くて、慶應の体育会として活動している意義みたいなものも感じた。チームとしていい方向に向かっているので、目標を見失わずに次のシーズンを頑張りたい。

マネージャーと塾長招待会に行けないのは残念です。

個人としては、出場した種目全てで優勝を逃し悔しい。しかし、落としてはいけないところを落とさず、いつも差をつけられている中長の種目で確実にポイントを重ねられたことも勝利の一因であると思うのでそこは良かったと思う。

今回の勝因は、「慶應が早稲田よりも入念な準備を出来た」これに限ると思っている。

インカレはどの学校も最高の準備をして仕上げてくるわけなので、そこでも結果を出せるようにもっともっとレベルアップしないといけない。

1kmtt 1分9秒06 3位

ギアは53-14で。トップスピードに乗るのがいつもより早く感じて、後半かなり垂れてしまったので54までギアをかけておけば良かった。(ギアを重くする→スピードに乗るまでが遅い、なので。もちろんギアかけすぎてスタンが遅すぎたら意味ない。)

小原さんに借りたミストラルはもがいてもズレなかったのでよかった。

ここで慶應が1,2,3位を取れて幸先いいスタートを切れたと思う。

エリミネーション 3位

序盤は集団真ん中くらいで過ごして残り10くらいからちゃんと動いた。しかし序盤で切られるのが怖くて少し脚を使ってしまったのが終盤に響いた。

しっかりインを潰して慶應4早稲田2まで持っていけたところまでは良かったのだが、その次の周回で自分と岳で美甘くんを封じていたのに、自分が勘違いをして踏んでしまったのが最悪だった。ほぼ自分が悪いけど高度な要求をすると、自分が踏んだ時に岳がそれに合わせて塞ぎ続けてくれたら最高だった。3人になってからはもう脚がなくてダッシュ勝負で負けた。もっと行けたと思うけど、4-2に持っていけた時点で例年に比べるといい方ではあった。

スクラッチ 2位

六川が序盤にアタックすることは事前に決まっていた。しばらく六川が泳がされて早稲田2人が追走に出たタイミングでそこについて行く。ここで、秋田と自分でついていけたのが良かった。1人だけだと恐らく早稲田でワンツーになっていたと思う。最後自分は捲りきれずに2位。秋田4位。六川も耐えてプラス1ラップで5位で、後ろも慶應が6位を取ってくれた。絶対スクラッチで勝ちを確定(団体種目で逆転されない11点差以上をつける)させたかったので、仕事はできたかなと。

チームパーシュート 4分32秒70 2位

TSPを走った川野とスクラッチで死んでる自分がいたが、1回目の引きで岳の調子がいいことを確認できたのでかなり引っ張ってもらった。最後の2周時点では勝っていたように見えたが、早稲田の猛追でコンマ差で負けた。

後半もそこまでペースは落ちた感じがしなかったが、ばらつきがあったので一定ペースで走れるようもっと完成度を高めていきたい。

競技振り返りはこんな感じ。

今回はマネージャーだけでなく4年生やobの方もサポートありがとうございました。大会運営してくださった方々、ありがとうございました。監督、部長、飯塚さんもありがとうございました。

p.s. ここ最近で1番気持ちよく眠れた。

西村行生

西村行生

経済学部経済学科3年

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 2023年2月8日 境川

  2. 寒すぎる

  3. 境川

  4. 2/9(木)オフ報告

PAGE TOP