皆さんは「自転車競技」と聞いて何思い浮かべますか?
多くの人は、競輪やツールドフランスといった言葉を思い浮かべたかもしれません。

しかし、自転車競技には、それら以外にも個人種目・団体種目共に多種多様な競技種目が存在します。
それら一つひとつによって戦術が変わってくるのは無論の事、要求される結果にも違いがある為、各々に求められる能力は大きく異なってきます。 

故に選手は、自らの適性に合わせて競技種目を選択する必要があるのです。 

以上の事から、私は「自転車競技」を“ありとあらゆるタイプの人間を受け入れうるスポーツ”だと考えています。 
現に我々自転車競技部の部員は、日々自らの長所を更に伸ばすべく練習し、着実に結果を残しています。 

我が学び舎慶應義塾は、福沢諭吉先生の教えに従い創立の時から「先ず獣身を成して後に人心を養え」という教えの元、体育を重視しています。 
そんな中において、個々の身体的能力に違いがあっても取組め、スポーツを通じて新しい自分を発見したいと思っている方に「體育会自転車競技部」は最適ではないでしょうか。

興味を持たれた方はいつでも我が部の門を叩いてください。 
我々と共に、充実した大学生活を送りましょう。

慶應義塾體育會自転車競技部 主将 小林朋弘

PAGE TOP