木島平結果報告

一日目DNF

レース内容は45分+3周。しかし自分は25分ほどでおろされました。穴があったら入りたいどころの恥ずかしさではなかったです。そのまま埋まってしまいたいと思いました。

まず、スタート時に集団の前の方につけず、コーナーの立ち上がりでつらい思いをしました。そしてやはり明らかな実力不足。持久力と登りのスピード維持がともにいまだに貧弱であることがはっきりしました。

これからそこに重点を置いて練習したいと思います。

二日目DNF

レース内容は90分+3周。自分は90分+1周でおろされました。なーんという無様な!!残り2周ぐらい粘れよという感じでした。しかし昨日の失敗点を見直したおかげで前日よりだいぶマシな走りができたと思います。

集団の中では(ついていけていた間は)なるべく前の方で位置をとり、ペースを上げれるところでは上げていく。これがしっかりできていたおかげで60分弱まで集団とともに走ることができました。結果的には集団から千切れさらにDNFという情けない形で自分の木島平RRCは終わってしまいましたが、そこは単純に褒めてやるつもりです。

これからの課題。

まずはもちろんのこと、持久力!これがなければ集団についていくこともできません。それはいつまでたっても勝てない野郎になってしまうことを意味します。それだけは防がねば。

尾根幹と大井でもと強度をあげていければ無理ではないと思います。そしてもっと平日に乗ることですね。

次に、複数人走行の走りかた。これは一日目も二日目も特に自分は下手だなと思った点です。メイン集団にいるときはもちろん、この技術は集団から千切れてしまったときや逃げを許してしまったときに他の走者と協力して走るときにとても大事になってきます。これは是非身につけたい技術です。

最後に、武器。やはり自分ならではの武器が欲しいです。集団にすらついていけないのに何を言っているんだという感じではありますが、やはりここでは譲りたくない、レースを掻き乱してやりたいという気持ちは少なからずあります。まあ、やはり基本は持久力ですが。

田中や黒川、畑が大健闘する中で自分は不甲斐ない結果に終わりました。

二日連続DNFというあまりにも痛々しい結果に終わりました。

けれどもこの初クリテで体験したことを生かして更なる成長につなげたいと思います。

共に走った慶應及び他校の選手の皆さん、サポートをしてくださった方々、二日間ありがとうございました。

佐々木隼


最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 舞い戻りの舞

  2. jasmine tea

  3. dayone

  4. 練習報告

PAGE TOP