早慶戦

早慶戦は自分より速い人達と走れる機会なので、レース種目に参加した。

アンノウンレース 6位

唯一の収穫。展開は最初の2周で早稲田二名が飛び出し、これを追う展開。必死に踏む。何とか先頭と合流して回りを見れば高校の山口のみ。人数的に5対2。そして早慶戦という事で変なプライドが働き、自分の限界量を超えて引く。そして突如ラスト2周のピストルが鳴り響き、集団はペースアップ。ラスト300mで発射された早稲田トレインに引きちぎられてゴール。何だかなぁ。

エリミネーション 6位

レースを終えての感想は「楽しい」の一言に尽きる。なにか、楽しい。しかもプチインターバルなので地味に自分向き。レース内容としてはひたすら外でまくっての繰り返し。ラストは早稲田4人慶應2人になり、チーム戦のように慶應二人でアタックした所を、ゴール前で横一線になった早稲田に綺麗にまくられて終了。策に完璧に溺れました。脚が残っていたので若干勿体無かったです。

団体追い抜き 5分8秒

アンノウンレースと同じくらいかそれより若干はやめのペース。何だか楽だった。成相と団抜きの相性が○である事が発覚した。最初の1周で3秒、途中で空中分裂をして3秒のタイムロスがあった他は大体30秒フラットで抑えられているので中々に良かったと思う。目線は高く六大でもベストを狙っていきましょう。できれば、団抜き面子は練習メニューでパワマソリア350W3分をやってほしいです。

景品提供や審判をはじめ様々なサポートをしてくださったOBの方々、本当にありがとうございます。皆様が御尽力している姿を見て改めて早慶戦という行事の重要性に気付かされました。来年は慶應が勝ちます。


最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. TRS#1

  2. みなさんを形作っている映像作品は何ですか??

  3. 練習報告

  4. 練習&試合結果報告

PAGE TOP