試合結果

4/19
飯山クリテリウム 30分+5周回(ポイントレース方式)
クラス3A DNF

前日の反省を生かし2列目の一番右側からスタート。ここの位置にいればコーナーを外側から曲がれ、減速をせずに入れると思っていた。また、ポジションが低くても外側からならば前に上がりやすいと考え位置取りを行ってみた。
レース開始後先頭選手が見える位置にいることができた。だが、ホームストレートに入ると外側からかなり捲られてしまい後方に下がる。この時点で自分以外の慶應の選手は自分よりも前にいた。
外から位置を上げていこうとしたが、当然他の選手も同じことを考えているので多くの選手が外側に広がり、自分の行きたい位置まではすんなりと行くことができずにいた。
焦りを少し感じながらむかえた下りの区間で、外側から行こうとしたところ隣の選手のハンドルと感覚としては引っ掛かってしまいバランスを崩して落車。そのままDNFとなってしまった。

身体的なバランス不足、ああいった密着した状態でもぶれずに走る練習が不足していたと感じる。
試合を通して感じたことは、
・ポジション取りはただ単に外側にいればいいというものではない。だがまだどうすれば位置を上げていけるのかがまだ掴めなかった。

・集団の中、後ろでは皆が前に行きたいと思うので無茶をする選手もいる。だから落車が起きやすい。当然ながら前にいた方が巻き込まれずらい。(足に自信があれば一番後ろにいてもいいが)

・付ける速度域をあげないと勝てないし、残れない。昨日はBSの選手の速いペースに最後までついていけていた選手が勝っていたし、今日も他の選手の話を聞くと、最周回でペースが上がったと言っていたので、それに対応できるようなスピード力があれば何でも出来るのではないかと思う。

自分としては立ち上がりも加速についていけなかったり、そこで人よりも多く疲れてしまうのでその点をどうするべきか考えていこうと思う。
落車後治療や搬送を行って下さった役員の方々ありがとうございました。
また、片付けや病院の手配、搬送、付き添いをしてくれた皆さんありがとうございました。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 5本で辞めれないっしょ

  2. 土日

  3. 本当に怖いもの

  4. 夏休みまであと1日

PAGE TOP