練習報告

4月28日
坂での朝練
自分を含めて四人。前回、同じ場所で練習したときより力がでなかった。変速を多用して足の疲れが分散できるようにしたが、なかなかうまくいかず。いつも通りダンシングも一度もできず。最後はいつも岡山があげるのに追い付けなかったが、もうちょっと踏ん張れたのはよかった。

4月29日
厚木でのTT
一人でのTTは相変わらず遅い。私が今日この練習に参加しているのは春合宿でのTTの記録が比較的良かったからであるが、私がその力を出せていないのか、それとももとからこの程度なのかわからないが、今遅いことに変わりはないのでどっちにしろめだめだである。TTTの一本目は向かい風区間の速度がそんなに速くなかったため、後ろについていれば問題なかった。最後の北見さんのスピードアップで脚が売り切れ寸前になり、自分が前に出たときはのんびり走行になってしまった。二本目では最初から三人であったが、私はそんなことは気にも留めずすぐに先頭交代した。それだけ余裕がないのである。これでは足手まといだと考えていたら、3周目あたりの向かい風区間での先頭交代で力を使いきり後ろにつくことができず、千切れた。その後、後ろから来た集団に合流するも、180°カーブの後で後ろにつき損ねその集団からも千切れる。北見さんは一人で集団と同じペースかそれ以上のペースで走っていたため、あれは追い付いけてもその後着いていけなくないか?と考えたが、今思えばTTTの練習なのだからそれでも着くべきだったと思う。練習を通して、向かい風で頑張って踏みすぎるのは良くないということ、向かい風では先頭交代が更に難しくなるということがわかった。いつもなら脚が足りないという結論に至るが、そんなことは、それこそいつものことなので、強い風への対応やその中でのペダリング、フォーム等に目を向けてみた方が良いかもしれない。

一日の中で8時間という時間を移動という行為に費やすことになってよかった。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. オリンピック観戦記

  2. 二輪と五輪

  3. Gorin

  4. 練習報告

PAGE TOP