試合結果

5/25 第53回 全日本学生選手権 チーム・ロード・タイムトライアル大会

19位/24位
42.09km/h

機材:ニールプライド フロント:コスミックカーボンSLR リア:ファストフォワードディスク

昨年が18位だったので、結果的に順位を落とした形となった。
体調と機材は完璧な状態での出走ができた。
練習では池邉ー朝比奈さんー加藤さんー北見さんー僕の順でまとまっていたので朝比奈さんを抜いた順になった。
目標としては最初から突っ込み、最後は粘るイメージだった。
池邉、北見さんより自脚が無かったのは明らかだったので絶対について行くことだけを考える。
最初の往路は46-49km/hくらいで回すことができた。自分が牽くのは15-18秒くらい。
向かい風の復路は42-44km/hくらいで回し、往路と同じような感覚で牽く。
レース2/5あたりで割ときつくなってくる。
補給地点でかほちゃんにペットボトルもらおうと思ったら水ぶっかけられてビビったが、気合いの入った応援だと思って自分を奮い立たせ後半に備える。
後半の往路からだんだんときつくなってきて、41-44km/hくらいまで落ちている様子だった。実際この辺りから自分の牽く時間も10-15秒くらいになった。レース3/5あたりから急に寒気がしだして脚に力が入りにくくなった。
理由としては無駄に水をかけすぎたことと、それに対し、メットの中を冷やすことができなかったことが挙げられる。
復路中盤で加藤さんが千切れ、3人で回すことになった。明らかに3人ともキツキツの中池邉が鬼牽きしてくれたことと、北見さんが多めに牽いてくれたことで若干回復し、また回せるようになった。途中で東海に抜かれ、抜き返したものの最終的には抜かれた。回復してからは長めに牽いたもののスピードは38-42km/h程度まで下がっていた。

実力的にも明らかに劣っている自分であったがそれをカバーしてくれた池邉、北見さん、加藤さんに感謝したい。
昨年は距離が長くても41.4km/hであったので明らかに実力不足であろう。
来年は15位までには必ず食い込みたい。
まずは自身の指標を作るためにもパワーを計測できる機器を導入することが必要だと感じた。
次は10分5.3倍を出せるよう精進したいと思う。
もう一度自身のメニューを考え直そう。
今回感じた成長は、今まで感じたことの無い寒気の中走りきれたことである。
少しは1年のときよりもメンタルが強くなったと思える。

もう一度言います。北見さん、加藤さん、池邉ありがとうございました。
また、サポートの方々も応援、レース前後の手伝いありがとうございました。
特にかほちゃん補給ありがとう。
宇佐美監督、池内さん、運営の方々ありがとうございました。
結果を残せずすみませんでした。
今後とも精進して行きますのでよろしくお願い致します。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. yogibo欲しい

  2. 最高のオフ

  3. 運動キモチエ

  4. いつの間にか3月

PAGE TOP