練習報告

2015/05/10 大きな箱の集いし所 10周 127km

最初の1周は試走、それから8周はペース、最後の1周はダウンと押し相撲。

蛭川君の英断により偶数周でスプリントをすることになり、僭越ながら私がリードアウト役を努めさせて頂く事となった。

皆のスプリントにかける思いは想像異常に凄まじく、風のようにスプリント周が来ては過ぎ去っていった。その全てを描写したいのだが、字数が足りなくなってしまうかもしれないので、今回は控えさせて頂く。2周目…4周目…6周目…8周目…そして最終スプリント。スプリント賞をとるべくして皆の闘志が最高潮に達し、私自身も最高のリードアウトをするべく渾身の力でペダルを回していた。

しかし、その時事件は起こった。
貧弱な身体を赤と黒のジャージに包んだ者が私の横を通り過ぎて行った。ズルズルズル。いいくんの助である。

彼は皆を出し抜くべく早めにスプリントを開始したのだ。悪の権化とでも言えば良いのだろうか。それに一瞬で気づいた私は4秒で彼に追いついたが時すでに遅し。皆がスプリントを始めてしまい私のリードアウトは完全に崩壊してしていたのであった。ああ無情。

本日最後の練習があんな形で終わってしまい、大変遺憾である。
某iくんにはもっと協調性を持ってもらいたいものである。

その反面、1年生はよく頑張っていた。お疲れ様でした。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 練習報告

  2. 次のステップ?

  3. オリンピック観戦記

  4. 二輪と五輪

PAGE TOP