六大学

11/19

自分はチースプ、スクラッチ、チーパに出場した。

最初の種目はチースプで1走目を務めた。

3位 TIme 50.07

一周目を19.89で寺田にパスした。スタート直後は応援と緊張で踏んでる感覚がなくてスピードに乗っているのか不安になった。練習では何十回と同じことを繰り返してきたが、やはり試合となるとその一回きりだからこそ一歩一歩の重みが違った。

動画を見返すと交代時、上に上がるのが速すぎたなと思った。自分がもう少しじわじわスプリンターレーンから外れれば寺田はもっとドラフティングを利かせられたのかもしれない。49秒台が近づいてきたが、1走の自分がブレイクスルーすれば一気にタイムが縮まるのということは分かっているのでスタンを感覚ではなくてルーティン化できるようにしたい。

スクラッチ 8位

個人種目はこのスクラッチのみだったこともあり個人的に3位以内を狙ってはいた。

スプリントになれば位置取りをうまくこなせればそのまま流れ込んで上位狙えるなと思っていた。

レースは比較的ゆっくりと進み、ラスト5周の自分が先頭にいるときに後ろから一気に某w大のk君がカウンターでアタックした。後方からのアタックだったので集団の後ろの人達もその後ろに続くのだろうと読んでしまった。実際は2名しか乗っておらず、だいぶ反応遅れて自分が追うことになった。

積極性を持っていればすぐさま反応できたと思うが、残り周回少ないこともあって少し牽制気味になってしまった。事前に秋田さんをいい順位ゴールさせることが目標だと話していれば迷わずコマになって追っていたと思う。学校対抗得点勝負がある試合は特に打ち合わせをしておくべきだったと反省。

結果的になんのアシストにもならず、後方集団の後ろの方でゴールした。

もっと実力を上げて動きまくれる選手になりたいと強く思った。

チーパ

4分39秒 

レース前に念入りに入りのタイムを確認していつも以上に意識して臨んだが、またもや入りを0.5遅く入ってしまった。アップは入念にして準備万端であったが、脚が想定よりも大分削れていて、一周目から少しやばそうだなと感じていた。

交代して後ろについた時もうまく脚を回復させることができず、3巡目は1周引くところを0.5で秋田さんにパスした。自分がこのまま引いたらペースが落ちることが明確だったのでそうせざるを得なかった。

終わった後は申し訳なさでだいぶ落ち込んでしまった。

個人追い抜きでA基準を取れるようにならないとチームのバランス的にもよくないと思う。一人に頼るチーパにはしたくないので、自分自身のの走力を上げることにフォーカスして練習を積み重ねたい。

援部の方々の声援がすごくて本当に力になりました。

マネの方々も素晴らしいサポートをありがとうございました。

4年生とも久しぶりに会えてうれしかったです。

中谷 研斗

中谷 研斗

ストイックに生きます

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. ウェスタリアン

  2. 加須TTT・ITT

  3. 練習報告

  4. 最終調整

PAGE TOP